有機果物やチョコのデニッシュ

葉っぱの色が楽しめる季節もそろそろ終わり、木の枝がずいぶん淋しくなってきました。寒くなってくると、外から帰ってきたとき…夜冷えてきた頃…のあったかいお茶がほんとうにうれしく思えます。そんな時のちょっとの甘いものがまたうれしいのですが…。

今回はコーヒーや紅茶にぴったりのデニッシュのおいしいパン屋さんをご紹介します。

ゆいまーる生活館は焼きたて天然酵母パンとオーガニック珈琲の店として八王子の住宅街に店舗を持ち、ハンディをもつ人と共にパンを焼いています。

裏の作業場には大きなオーブン。国産小麦に自家製天然酵母、こだわりの食材で作られているパンは、大きく分けると2種類。ちょっとかためのハードタイプは油脂やたまごを一切使わず、どの生地にも粒小麦を自家製粉した全粒粉が入っています。

もうひとつは、バターをたっぷり使ったデニッシュ。無・低農薬、有機栽培の洋なしやりんご、オーガニックチョコレートのはいったショコラ、チーズなど種類も豊富で、サクサク生地とくだものでしっとりしたところの口当たり、甘すぎず、おいしくて思わずにっこりしてしまいます。

お店のおすすめはライフルーツ。ライ麦の入った生地に、くるみ・自家製甘夏ピール・レーズンのたっぷり入ったぜいたくなおいしさです。

そんなパンがならぶ店内には、おおきな木のテーブルとカウンター。パンだけでなく、フェアトレードの雑貨や自然食品、八王子生活館という同じ運営母体の作業所で作られている手織りのスカーフやコースター、手漉きのはがきなどがきれいにならび、楽しみながらゆったりとお茶を飲むことができます。

あしたやには毎週火曜日4時ごろに焼きたてが届けられます。

期限については、デニッシュ生地は短いけれど、ハードタイプのものは5日間。焼きたてのパンがおいしいのはもちろんですが、2~3日おいたパンの小麦の風味もまた、焼きたてとちがい味わい深いおいしさがあるそうです。ぜひ一度お試しください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の