寧楽共働学舎のソーセージ&ベーコン

北海道留萌郡小平町にある寧楽(ねいらく)共働学舎は共同生活を送りながら豚などを飼い、自給のための米、野菜、肉製品などを生産しています。

共働学舎が農業を重んずるのは「人工によらぬ天地自然の命に直接触れる業であり、植物、生物、動物、人間がそれぞれあるべき最もよい姿で生き続けられる生き方を求め、学び、励む」ことを願って…と記されています。

また共働学舎は、今の社会通念となっている点数によって評価される価値観ではなく、人間一人一人に必ず与えられている固有の命の価値を重んじ、互いに協力することによって、個では出来ない更に価値のある社会を造ろうとの願いをもって、ハンディある人々と共に暮らし、働くことを実現しています。

12月の寧楽からのお便りには「良い食べ物を生産し続けるためには、互いの信頼が不可欠、食べ物は直接私たちの身体を養うものなので他の経済商品と比べて特別なもの」と書いてありました。私たち「あしたや」にとっても大切な言葉だと思います。  

月1回入荷するソーセージとベーコンも本格的な味わいで、毎回、沢山の方から予約をいただいている人気商品です。ぜひお試しください。

 

ベーコン

豚肉を香辛料と塩漬け、乾燥、燻煙。100g当り260円

ソーセージ

豚肉、背脂、塩、香辛料、スキムミルクをミンチにして羊腸に詰め、乾燥、燻煙、蒸気でボイル。650円

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の