国産大豆で作った味噌

現在、輸入された食品についてさまざまな問題の報道が続いています。 今の日本の食事情の反映ともいえる、この状況には考えさせられることが沢山あります。私たち自身気がつかないうちに多くの食べ物や家畜の飼料が外国に依存して輸入され続け、国内食料自給率はいまや40%を切るまでになっているのが実情です。

日本人の食べ物として長く食卓に並んできた豆腐・納豆・味噌などの大豆製品についても、原材料の多くが外国産になってきてしまいました。国産大豆については、現在北海道を主として、その自給率はわずか数%という低さです。

先日、あしたや共働企画では、「国産大豆で手前味噌を作ろう!」という講習会を開きました。初めて味噌作りに挑戦した人もいましたが、材料を吟味して仕込んだ味噌は、熟成してどこにも負けない自分だけの「手前味噌」となって格別の味になることでしょう…。

なかなか自分では仕込めない、という方に「あしたや」「はらっぱ」で扱っている味噌のご紹介をします。材料も安全で美味しい味噌をぜひお試し下さい。

 

おむすび味噌(信州・小諸) 1キロ 661円 ハンディを持つ方々と作っています。遺伝子組み換えでない国産の原材料を使用。 下郷農協麦みそ(大分県・耶馬溪) 1キロ 661円 農協全体で安全・安心のこだわりを持って、生産品を原材料として作っています。 串原村手づくり田舎みそ(岐阜県伊那市) 800グラム 630円 村おこしのために、国産大豆を使い、手作りしています。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の