国産大豆で作った味噌

現在、輸入された食品についてさまざまな問題の報道が続いています。 今の日本の食事情の反映ともいえる、この状況には考えさせられることが沢山あります。私たち自身気がつかないうちに多くの食べ物や家畜の飼料が外国に依存して輸入され続け、国内食料自給率はいまや40%を切るまでになっているのが実情です。

日本人の食べ物として長く食卓に並んできた豆腐・納豆・味噌などの大豆製品についても、原材料の多くが外国産になってきてしまいました。国産大豆については、現在北海道を主として、その自給率はわずか数%という低さです。

先日、あしたや共働企画では、「国産大豆で手前味噌を作ろう!」という講習会を開きました。初めて味噌作りに挑戦した人もいましたが、材料を吟味して仕込んだ味噌は、熟成してどこにも負けない自分だけの「手前味噌」となって格別の味になることでしょう…。

なかなか自分では仕込めない、という方に「あしたや」「はらっぱ」で扱っている味噌のご紹介をします。材料も安全で美味しい味噌をぜひお試し下さい。

おむすび味噌(信州・小諸) 1キロ 661円 ハンディを持つ方々と作っています。遺伝子組み換えでない国産の原材料を使用。 下郷農協麦みそ(大分県・耶馬溪) 1キロ 661円 農協全体で安全・安心のこだわりを持って、生産品を原材料として作っています。 串原村手づくり田舎みそ(岐阜県伊那市) 800グラム 630円 村おこしのために、国産大豆を使い、手作りしています。

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主