top of page

フェアトレードチョコforバレンタインデー

2月2日(土)AM10:30~PM6:00 あしたやにて第3世界ショップによるフェアトレードのフェアをやります。

フェアトレード(公正な貿易)とは物資や資金援助ではなく、社会的に立場の弱い生産者の作るものに対して適正な価格を支払い、継続的なつながりの中で彼らが誇りを取り戻し、自立することを共に目指す対等な関係による貿易です。

第三世界ショップでも貿易はもちろん、文化交流や福祉向上、環境保全、教育等、多岐に渡り活動しています。今回は山羊皮バック・雑貨・手漉きの紙製品・アクセサリーなど手作りのものを展示販売します。

 

フェアトレードチョコレート

チョコレートとはココアバターとカカオマスを繋ぎ合わせたものです。市販のものは乳化剤(大豆レシチン)を添加してつながりやすくしますが、その原料には遺伝子組み替え大豆が混入している心配があります。

第3世界ショップではドミニカ産の原料に南米の砂糖、それをスイスの高度な製造技術によってレシチンを使わず、72時間じっくり練り合わせてあり、本来チョコレートとはこういうものなんだなぁと実感できるおいしさ。

素材ももちろん、環境へ配慮し、農業に対して想いのある生産者の安心できるものです。

ミルク・ビター 400円

モカ・カレンズ 210円 アーモンド・へーゼルナッツ・プラリネ 420円

他にもちがう種類のチョコレート、ココアも扱っています。

2/14はバレンタインデーです。たくさんの思いからできたチョコレートにあなたの気持ちを込めて大切な人へ。

関連記事

すべて表示

月刊<食べもの通信>心と体と社会の健康を高める食生活

【本のご紹介】1970年創刊!食は命の原点。 食事を整えると、心も整う。知っておきたい食情報。 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。「心と体と社会の健康を高める食生活」をモットーに読者の疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。 多種多様な食品添加物、農薬の使用基準の緩和、ゲノム編集食品の解禁、化学物質や電磁波

震災からみえてきた私たちの暮らし

能登半島地震の被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 年の初めの元日、この日はご家族の皆さまも集まり心づくしのお料理も並んでいたのではないか……と思うとより一層この震災の深刻さが身につまされます。 今回は地形的に道路の寸断などでインフラも不十分、食料や水など生きていく上で欠かせないものの調達にも時間がかかっていました。農業や漁業など産地としての被害は未だ把握できていないようですが、これま

bottom of page