フェアトレードチョコforバレンタインデー

2月2日(土)AM10:30~PM6:00 あしたやにて第3世界ショップによるフェアトレードのフェアをやります。

フェアトレード(公正な貿易)とは物資や資金援助ではなく、社会的に立場の弱い生産者の作るものに対して適正な価格を支払い、継続的なつながりの中で彼らが誇りを取り戻し、自立することを共に目指す対等な関係による貿易です。

第三世界ショップでも貿易はもちろん、文化交流や福祉向上、環境保全、教育等、多岐に渡り活動しています。今回は山羊皮バック・雑貨・手漉きの紙製品・アクセサリーなど手作りのものを展示販売します。

 

フェアトレードチョコレート

チョコレートとはココアバターとカカオマスを繋ぎ合わせたものです。市販のものは乳化剤(大豆レシチン)を添加してつながりやすくしますが、その原料には遺伝子組み替え大豆が混入している心配があります。

第3世界ショップではドミニカ産の原料に南米の砂糖、それをスイスの高度な製造技術によってレシチンを使わず、72時間じっくり練り合わせてあり、本来チョコレートとはこういうものなんだなぁと実感できるおいしさ。

素材ももちろん、環境へ配慮し、農業に対して想いのある生産者の安心できるものです。

ミルク・ビター 400円

モカ・カレンズ 210円 アーモンド・へーゼルナッツ・プラリネ 420円

他にもちがう種類のチョコレート、ココアも扱っています。

2/14はバレンタインデーです。たくさんの思いからできたチョコレートにあなたの気持ちを込めて大切な人へ。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が