無農薬玄米・雑穀・幻の黒米

日本人の食の基本はお米。お米の食べ方は普通、白く精米したものを食べることが多いと思いますが、あしたやでは無農薬の玄米も扱っています。

さらに店内には大型の精米機がありますので、お客様によっては「今日は五分搗きにしてください」とか「少し黒めの三分搗きにしてください」などのご要望にもおこたえしています。体にとてもヌカを取り除いた白米より分搗き米の方が栄養的にも優れています。

更に、健康志向の食生活の中で「雑穀」が静かなブームを呼んでいるようですが、普段食べているお米にこの雑穀を混ぜるとおいしくて体にもよいのです。 栄養的にみると、お米よりたんぱく質の豊富なもの、ビタミン、鉄分、カルシウムなどに富むものなどぜひ健康のために取り入れたい素材がいっぱいです。 ことに粟(あわ)、黍(きび)、には整腸作用のある繊維も多いので、便秘気味の人にはおすすめです。

また最近見直されているものに「古代米」があります。あしたやで扱っている黒米はその中でも幻と言われていて、沖縄の石垣島より直送されてきています。 かつては在来種として病害に強く、少肥ですむ品種として日本の風土にあったものでしたが、今は環境を保全するために数少ない農家が栽培をしている状況です。 白いお米に少し混ぜて炊くと、まるでお赤飯のような美しい色のごはんになります。ぜひ一度お試しください。

これ以外でも、押し麦などビタミン類も豊富で繊維質にとんだ雑穀もお勧めです。 「米とは白いもの」という既成概念を捨てて、ぜひ毎日にごはんにいろいろな雑穀類を取り入れてみてください。

山形高畠町「四季便りの会」

無農薬米ひとめぼれ 玄米:680円/キロ 白米・分搗き米:730円/キロ

沖縄石垣島「海のもの山のもの」

有機もち黒米 200g 680円

最新記事

すべて表示

春 新しい出会いがあります!

新型コロナウイルス感染症の見通しも持ちにくい状況が続いています。皆様におかれては気をつけながらの日々もお過ごしではないでしょうか。 そのような人間界での異変に関わらず、自然は確かに巡って春になります。4月は新たな出会いの季節でもあります。あしたやで扱う新顔をご紹介します。 ◆三重県四日市 NPO法人 呼夢・フレンズ 手作り餃子 あしたやと同じように「共に働く」ことを掲げている事業所です。 自分たち