無農薬玄米・雑穀・幻の黒米

日本人の食の基本はお米。お米の食べ方は普通、白く精米したものを食べることが多いと思いますが、あしたやでは無農薬の玄米も扱っています。

さらに店内には大型の精米機がありますので、お客様によっては「今日は五分搗きにしてください」とか「少し黒めの三分搗きにしてください」などのご要望にもおこたえしています。体にとてもヌカを取り除いた白米より分搗き米の方が栄養的にも優れています。

更に、健康志向の食生活の中で「雑穀」が静かなブームを呼んでいるようですが、普段食べているお米にこの雑穀を混ぜるとおいしくて体にもよいのです。 栄養的にみると、お米よりたんぱく質の豊富なもの、ビタミン、鉄分、カルシウムなどに富むものなどぜひ健康のために取り入れたい素材がいっぱいです。 ことに粟(あわ)、黍(きび)、には整腸作用のある繊維も多いので、便秘気味の人にはおすすめです。

また最近見直されているものに「古代米」があります。あしたやで扱っている黒米はその中でも幻と言われていて、沖縄の石垣島より直送されてきています。 かつては在来種として病害に強く、少肥ですむ品種として日本の風土にあったものでしたが、今は環境を保全するために数少ない農家が栽培をしている状況です。 白いお米に少し混ぜて炊くと、まるでお赤飯のような美しい色のごはんになります。ぜひ一度お試しください。

これ以外でも、押し麦などビタミン類も豊富で繊維質にとんだ雑穀もお勧めです。 「米とは白いもの」という既成概念を捨てて、ぜひ毎日にごはんにいろいろな雑穀類を取り入れてみてください。

 

山形高畠町「四季便りの会」

無農薬米ひとめぼれ 玄米:680円/キロ 白米・分搗き米:730円/キロ

沖縄石垣島「海のもの山のもの」

有機もち黒米 200g 680円

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の