稲わらのリース

2003年、新しい年の幕明けの月となりました。皆様にとって今年はどのような年になるのでしょうか。

地球規模での環境問題もいよいよ深刻さを増し、加えて社会的にも決して楽観できない事柄の多くを抱えながらの門出であるとも思いますが、この一年が私たちにとって少しでもよりよい年になりますことを願っています。

さて、年の始めの「〆飾り」のことをお伝えします。

あしたやでここ何年か扱ってきた、稲わらで丁寧に作られたシンプルなリースは「減反差止め裁判」の活動の一助として販売してきました。

この裁判は、日本の農業の基幹であるコメ作りを国策として強制的に全国規模で減反していく事に反対して起こされたものです。

日本各地の農家や消費者など多くの人々が原告となり10有年にわたって減反の是非について争ってきましたが、残念ながら2002年10月2日に最高裁の棄却を以って敗訴確定という残念な結果となりました。

この運動はひとつの幕を閉じましたが、日本の米をめぐる情勢はまだまだ沢山の問題があり、ひき続き安全性に問題がある遺伝子組み換えイネ開発の反対運動につながっていくために、この「〆飾り」を今後多くの方に買っていただけるように、又、あしたやで取り扱うことにしたものです。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が