稲わらのリース

2003年、新しい年の幕明けの月となりました。皆様にとって今年はどのような年になるのでしょうか。

地球規模での環境問題もいよいよ深刻さを増し、加えて社会的にも決して楽観できない事柄の多くを抱えながらの門出であるとも思いますが、この一年が私たちにとって少しでもよりよい年になりますことを願っています。

さて、年の始めの「〆飾り」のことをお伝えします。

あしたやでここ何年か扱ってきた、稲わらで丁寧に作られたシンプルなリースは「減反差止め裁判」の活動の一助として販売してきました。

この裁判は、日本の農業の基幹であるコメ作りを国策として強制的に全国規模で減反していく事に反対して起こされたものです。

日本各地の農家や消費者など多くの人々が原告となり10有年にわたって減反の是非について争ってきましたが、残念ながら2002年10月2日に最高裁の棄却を以って敗訴確定という残念な結果となりました。

この運動はひとつの幕を閉じましたが、日本の米をめぐる情勢はまだまだ沢山の問題があり、ひき続き安全性に問題がある遺伝子組み換えイネ開発の反対運動につながっていくために、この「〆飾り」を今後多くの方に買っていただけるように、又、あしたやで取り扱うことにしたものです。

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主