top of page

稲わらのリース

2003年、新しい年の幕明けの月となりました。皆様にとって今年はどのような年になるのでしょうか。

地球規模での環境問題もいよいよ深刻さを増し、加えて社会的にも決して楽観できない事柄の多くを抱えながらの門出であるとも思いますが、この一年が私たちにとって少しでもよりよい年になりますことを願っています。

さて、年の始めの「〆飾り」のことをお伝えします。

あしたやでここ何年か扱ってきた、稲わらで丁寧に作られたシンプルなリースは「減反差止め裁判」の活動の一助として販売してきました。

この裁判は、日本の農業の基幹であるコメ作りを国策として強制的に全国規模で減反していく事に反対して起こされたものです。

日本各地の農家や消費者など多くの人々が原告となり10有年にわたって減反の是非について争ってきましたが、残念ながら2002年10月2日に最高裁の棄却を以って敗訴確定という残念な結果となりました。

この運動はひとつの幕を閉じましたが、日本の米をめぐる情勢はまだまだ沢山の問題があり、ひき続き安全性に問題がある遺伝子組み換えイネ開発の反対運動につながっていくために、この「〆飾り」を今後多くの方に買っていただけるように、又、あしたやで取り扱うことにしたものです。

関連記事

すべて表示

老舗ハンバーグレストランの味「つきみち黄金ドレッシング」

みなさん、あしたやの新商品ご存じですか? その名も「つきみち 黄金ドレッシング」。 昨年の9月に扱い始めてから、とてもおいしかったとリピーター続出です。 ドレッシングを作っているのは、宮城県石巻市にある福祉事業所「パーラー山と田んぼ」さんです。私たちとつながりのある、仙台の麦の会コッペさんに紹介していただきました。私たちもまだ訪問したことはないのですが、とても素敵なベーカリーカフェを運営していて、

月刊<食べもの通信>心と体と社会の健康を高める食生活

【本のご紹介】1970年創刊!食は命の原点。 食事を整えると、心も整う。知っておきたい食情報。 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。「心と体と社会の健康を高める食生活」をモットーに読者の疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。 多種多様な食品添加物、農薬の使用基準の緩和、ゲノム編集食品の解禁、化学物質や電磁波

bottom of page