個性的に楽しむ桃の節句

新しい年を迎えて、ずい分寒い日もありますが、早くも「大寒」がすぎました。まだまだ遠くにあると思っていた春の気配も少しずつ感じます。今年もインフルエンザが猛威を振るっていますが、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

今月号では少し早めですが、三月三日は「桃の節句」についてお伝えします。 古来、女の子の誕生を祝ってひな形のお内裏様たちによりよい成長を願い、さらに邪気を払うとされる縁起のよい桃を飾ることで春の訪れを心待ちにしたお節句です。

「あしたや」「はらっぱ」でもこの時期にあわせて、おひなさまの行事が各ご家庭それぞれで個性的に楽しめるものになるようにと商品をとり揃えてみました。

どうぞ春を迎えるあたたかで華やかなお節句になりますようご利用ください。

 

市内福祉作業所「グループTOMO」…手作りのおひな様の色紙 大和市の福祉グループ「ふきのとう舎」…陶器おひな様 町田市の福祉グループ「花の家」…おひな様にに似合う春らしい陶器

山形「庄内共同ファーム」

安全な農産物を提供するために有機JAS認証を受けています。 ・三色ぽんちゃん:無農薬・無化学肥料栽培のうるち米をモロヘャの粉末と紅麹色素とで色付けしました。安全できれいなひなあられです。

・三色ひし餅:減農薬・減化学肥料栽培のもち米に自生したよもぎと紅麹で色をつけました。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の