個性的に楽しむ桃の節句

新しい年を迎えて、ずい分寒い日もありますが、早くも「大寒」がすぎました。まだまだ遠くにあると思っていた春の気配も少しずつ感じます。今年もインフルエンザが猛威を振るっていますが、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

今月号では少し早めですが、三月三日は「桃の節句」についてお伝えします。 古来、女の子の誕生を祝ってひな形のお内裏様たちによりよい成長を願い、さらに邪気を払うとされる縁起のよい桃を飾ることで春の訪れを心待ちにしたお節句です。

「あしたや」「はらっぱ」でもこの時期にあわせて、おひなさまの行事が各ご家庭それぞれで個性的に楽しめるものになるようにと商品をとり揃えてみました。

どうぞ春を迎えるあたたかで華やかなお節句になりますようご利用ください。

 

市内福祉作業所「グループTOMO」…手作りのおひな様の色紙 大和市の福祉グループ「ふきのとう舎」…陶器おひな様 町田市の福祉グループ「花の家」…おひな様にに似合う春らしい陶器

山形「庄内共同ファーム」

安全な農産物を提供するために有機JAS認証を受けています。 ・三色ぽんちゃん:無農薬・無化学肥料栽培のうるち米をモロヘャの粉末と紅麹色素とで色付けしました。安全できれいなひなあられです。

・三色ひし餅:減農薬・減化学肥料栽培のもち米に自生したよもぎと紅麹で色をつけました。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が