食卓に欠かせない豆腐

新緑が美しい季節となりました。

いつの季節にも日本人の食卓に欠かせない、味噌、醤油、豆腐、納豆などの大豆食品ですが、最近では国内産の大豆を使った製品が激減しています。

日本の食料自給率の低下が懸念されて久しいですが、中でも大豆、トウモロコシ、大麦の国内における生産量が著しく低下しています。2001年の調査によると年間消費量650万トンに対して、国内での生産量は27万トンという低さです。日本古来の食べ物であっても、その原料のほとんどが外国産というのが現状です。

あしたやで扱っている豆腐や納豆、あげ類などについては、その原料や作り方にこだわったものばかりです。日本人の体質にも合っていて、植物性たんぱく質が多く取れる大豆食品をこれからもおおいに食卓に取り入れてください。

 

三河屋豆富さんの豆腐類 絹ごし 木綿豆腐 1丁210円 ※毎週(火)昼すぎ入荷     原料は遺伝子組み換えでない福岡産フクユタカ大豆100%、にがり100%、消泡剤を使わずに作られた豆のコクが生きている本物の豆腐です。   揚げ物類

上記の豆腐製品を純国産100%の菜種油で揚げています。 種類も多く、油揚げ、生揚げ、がんもどき(絹揚げ、銀杏入り、うずらの卵入り)、他にも国産大豆の小粒納豆や豆腐コロッケ、卯の花ドーナツなど、どれもおいしいと好評です。                        

「(有)さくら」の「豆の味」豆腐

1丁180円 ※毎週(金)入荷            一般の豆腐の作り方とは違う特殊な製法で作られています。原料は遺伝子組み換えのない、主に中国産の無農薬大豆を使い、生大豆を丸ごと粉砕することによって「おから」の出ない作り方をしています。そのため栄養的にも優れている“大豆成分まるごと豆腐”です。賞味期限も長く8日間です。別名「十割豆腐」ともいって、濃厚でほのかに甘いクリーミーな味わいが楽しめます。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の