和布・古布を楽しむ

あしたや・はらっぱの店先に小さな袋の入った和布がおいてあります。お目にとまりましたでしょうか。

これは和布の好きなスタッフが古い着物をほどいて作っているものです。タンスの隅に着ることのない着物を見つけたら活かす工夫をしてみてはいかがですか。穴があいていたり、カビがはえていてもあきらめないで、きれいなところだけ使えばいいのです。

着物をまずほどきます。ほこりがひどく臭いがきつい場合は、マスクをかけたり、外でやることをお勧めします。

布地が弱くなっていますから強く引っ張らないように、優しく、気長に楽しみながらほどいてください。

一針一針丁寧に縫われた針目を見ていると、「どんな人が、どんな思いで縫っていたのだろうか。出来上がったときの気持ちは…」と昔の人の生活に思いを寄せ、物を大事に丁寧な暮らしがよくわかります。

そして、物があふれ、使い捨ての今の私たちの暮らしは本当に豊かなのだろうか。考えさせられることがたくさんあります。

それにしても着物の形は誰が考え出したのか。ほどくと一枚の布になる。昔の人の知恵にただただ感心してしまいます。古い絹の感触は優しく手になじんできます。

ほどき終わったら洗濯機でガラガラ回します。乱暴なようですが、この過程で布地として使えるかどうかが判明します。色おちには気をつけて。生乾きのうちにアイロンをかけます。布地を伸ばしすぎないようにご注意を。

洋裁の得意な方は、オリジナルの洋服やバックはいかがでしょう。着物の幅を生かし、直線を組み合わせても古い布は趣があります。針仕事が苦手なかたは小さく切って、はがきにはってみてください。額に入れて飾っても素敵です。

ボロボロになった布は、細く裂いてひもにします。織物にしても、太い編棒ザックリ編んでも立派によみがえります。古い着物を見つけたら、ぜひやってみてください。心豊かな一時が訪れることでしょう。使い切れない方は、あしたやにお持ちください。大事に扱わせていただきます。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が