和布・古布を楽しむ

あしたや・はらっぱの店先に小さな袋の入った和布がおいてあります。お目にとまりましたでしょうか。

これは和布の好きなスタッフが古い着物をほどいて作っているものです。タンスの隅に着ることのない着物を見つけたら活かす工夫をしてみてはいかがですか。穴があいていたり、カビがはえていてもあきらめないで、きれいなところだけ使えばいいのです。

着物をまずほどきます。ほこりがひどく臭いがきつい場合は、マスクをかけたり、外でやることをお勧めします。

布地が弱くなっていますから強く引っ張らないように、優しく、気長に楽しみながらほどいてください。

一針一針丁寧に縫われた針目を見ていると、「どんな人が、どんな思いで縫っていたのだろうか。出来上がったときの気持ちは…」と昔の人の生活に思いを寄せ、物を大事に丁寧な暮らしがよくわかります。

そして、物があふれ、使い捨ての今の私たちの暮らしは本当に豊かなのだろうか。考えさせられることがたくさんあります。

それにしても着物の形は誰が考え出したのか。ほどくと一枚の布になる。昔の人の知恵にただただ感心してしまいます。古い絹の感触は優しく手になじんできます。

ほどき終わったら洗濯機でガラガラ回します。乱暴なようですが、この過程で布地として使えるかどうかが判明します。色おちには気をつけて。生乾きのうちにアイロンをかけます。布地を伸ばしすぎないようにご注意を。

洋裁の得意な方は、オリジナルの洋服やバックはいかがでしょう。着物の幅を生かし、直線を組み合わせても古い布は趣があります。針仕事が苦手なかたは小さく切って、はがきにはってみてください。額に入れて飾っても素敵です。

ボロボロになった布は、細く裂いてひもにします。織物にしても、太い編棒ザックリ編んでも立派によみがえります。古い着物を見つけたら、ぜひやってみてください。心豊かな一時が訪れることでしょう。使い切れない方は、あしたやにお持ちください。大事に扱わせていただきます。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言