和布・古布を楽しむ

あしたや・はらっぱの店先に小さな袋の入った和布がおいてあります。お目にとまりましたでしょうか。

これは和布の好きなスタッフが古い着物をほどいて作っているものです。タンスの隅に着ることのない着物を見つけたら活かす工夫をしてみてはいかがですか。穴があいていたり、カビがはえていてもあきらめないで、きれいなところだけ使えばいいのです。

着物をまずほどきます。ほこりがひどく臭いがきつい場合は、マスクをかけたり、外でやることをお勧めします。

布地が弱くなっていますから強く引っ張らないように、優しく、気長に楽しみながらほどいてください。

一針一針丁寧に縫われた針目を見ていると、「どんな人が、どんな思いで縫っていたのだろうか。出来上がったときの気持ちは…」と昔の人の生活に思いを寄せ、物を大事に丁寧な暮らしがよくわかります。

そして、物があふれ、使い捨ての今の私たちの暮らしは本当に豊かなのだろうか。考えさせられることがたくさんあります。

それにしても着物の形は誰が考え出したのか。ほどくと一枚の布になる。昔の人の知恵にただただ感心してしまいます。古い絹の感触は優しく手になじんできます。

ほどき終わったら洗濯機でガラガラ回します。乱暴なようですが、この過程で布地として使えるかどうかが判明します。色おちには気をつけて。生乾きのうちにアイロンをかけます。布地を伸ばしすぎないようにご注意を。

洋裁の得意な方は、オリジナルの洋服やバックはいかがでしょう。着物の幅を生かし、直線を組み合わせても古い布は趣があります。針仕事が苦手なかたは小さく切って、はがきにはってみてください。額に入れて飾っても素敵です。

ボロボロになった布は、細く裂いてひもにします。織物にしても、太い編棒ザックリ編んでも立派によみがえります。古い着物を見つけたら、ぜひやってみてください。心豊かな一時が訪れることでしょう。使い切れない方は、あしたやにお持ちください。大事に扱わせていただきます。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の