あしたや畑の限定品

多摩市では市内の福祉グループへ、「福祉農園」として和田地区にある畑を貸し出しています。私たち「あしたや」も3年前から200平方メートルの面積を借りて畑作業をしています。

ハンディある人と共に働く活動としては「はらっぱ」と「あしたや」ふたつのお店と配達などの仕事が中心ですが、畑仕事もそれぞれのメンバーが行ける時に関わることで仕事の中身を増やし、さらに収穫品を販売することで、あしたやの運営にも貢献することができます。

最初の年は何もかも手探りで、作付も行き当たりばったり。野菜よりも草の方がいっぱい茂り、お隣の畑にもご迷惑をかけている状態でしたが、今年の「あしたや畑」はちょっと違います!

畑専門に関わってくださるボランティアの方々の強力な手助けで、他の福祉グループの皆さんから「最近は畑らしくなったね!」と言っていただけるようになりました。

先日はあしたやメンバーが大挙してジャガイモ堀をしました。ささやかな収穫でしたが、自分たちで育てて収穫する喜びは充分なものでした。

今年の夏は例年になく、気温が低く雨が多かったので野菜も品薄、価格も高くなると言われています。

最近のあしたや畑では、キャベツ、ゴーヤ、インゲン、トマト、モロヘイヤ、ハーブ類などを収穫して店頭にも並べています。もちろんその量はささやかなものですが、完全無農薬、有機栽培の品ですから、店頭でも一際、存在感のある野菜たちです。

これからは秋野菜のおいしくなる季節ですが、私たちも秋ナス、オクラ、ブロッコリー、さつまいも、小松菜、ほうれん草、ミョウガ、カリフラワーなどが収穫できるように頑張っていますので、お店に来たときには、ぜひ「あしたや畑」の限定品をお求め下さい。見かけは今ひとつでも、きっと味わいが違うと思います。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言