パンを耕した男

「お体お大豆に」「穀福」「ライスキー米と麦」「野さし草」など不思議な名前のパンがあるのをご存知ですか。

これらは、「お体お大事に」「克服」「ライス好き」「優しそう」などの意味がこめられており、福島の銀嶺食品の社長である大橋雄二さんが、身土不二の思想から日本の食文化にあったパン作りを追求し、作り出したパンの名前です。

この名前からもわかるように、国産小麦、雑穀、大豆、米、等の日本の伝統的な優れた食材を使い、今までのパンのイメージを覆す、新しいパンを登場させたのです。

「大地を耕し、種を蒔き、天に祈りて、恵みに感謝」がモットーという大橋さんの思いが伝わってくる、ほっこりと味わい深いパンです。

「パンを耕した男」(出版社コモンズ)とは、大橋さんを描いたノンフィクションの本の題名で、多摩市在住のライター渥美京子さんが書かれたものです。

渥美さんの紹介であしたやとはらっぱに銀嶺食品のパンが並ぶようになったのですが、それは、少々見た目の悪い規格外のパンも消費者に届けたい、という大橋さんの思いでもありました。

品質はまったく規格品と変わらないこれらのパンを「曲がったきゅうりパン」と名づけ、市価よりも20%安く販売できるように入れてくれています。

血友病、片足切断というハンディを乗り越えてきた大橋さんの「みんな同じでなくてもいい、見た目が変わっててもいい」というメッセージでもあるのです。

そんなメッセージのたくさんこもったパンとそして本を、どうぞぜひ手に取って、そして味わってみてください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が