フェアトレードで身近な国際協力

「フェアトレード」という言葉をご存知ですか? 直訳すれば、公正貿易ですが、世界の南北間にある経済格差問題の解決を目指す世界的な貿易活動のことを指します。

第3世界ショップは1986年に日本でこの活動を始め、現在、世界23カ国42団体とつながりをもち、ただ物を買うだけの関係にとどまらない協働の関係を築いています。

その活動を支えるのは次の三つのキーワードです。 自立:個人、組織、地域として誰かに依存したり支配されることなく、自由を尊重しつつ協力できる関係を大切にする。 協同:自立した事業運営と地域つくりをサポートするため、技術、教育、医療、女性などをテーマにした協同プログラムを実施する。 共生:商業的な利益の追求を事業の目的とせず、生活環境や自然環境と調和する共生の原理に基づいて、協働する生産者と長期的に安定した関係を維持する。

“身近な国際協力”として、あしたやとはらっぱでも第3世界ショップのものを扱ってきました。インドの山羊皮製品、スリランカのカレーの壺、台湾の烏龍茶等々、みなさまにおなじみの人気商品もたくさんあります。

今回の展示販売会はふだんなかなか店に並べられないもの‐‐‐アフリカンバッグ、バティックパッチワークバッグ、Tシャツ、アクセサリー、ハンドメイドペーパー等、新しい商品も含めご紹介いたします。

各国からやってきた、たくさんの思いが込められている、ぬくもりのある商品をぜひ手にとっていただきたい、と思っています。どうぞ、みなさまお出かけください。

 

第3世界ショップによるフェアトレード製品展示販売会 2004年5月8日(土)10時半~6時半 あしたや店頭

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の