フェアトレードで身近な国際協力

「フェアトレード」という言葉をご存知ですか? 直訳すれば、公正貿易ですが、世界の南北間にある経済格差問題の解決を目指す世界的な貿易活動のことを指します。

第3世界ショップは1986年に日本でこの活動を始め、現在、世界23カ国42団体とつながりをもち、ただ物を買うだけの関係にとどまらない協働の関係を築いています。

その活動を支えるのは次の三つのキーワードです。 自立:個人、組織、地域として誰かに依存したり支配されることなく、自由を尊重しつつ協力できる関係を大切にする。 協同:自立した事業運営と地域つくりをサポートするため、技術、教育、医療、女性などをテーマにした協同プログラムを実施する。 共生:商業的な利益の追求を事業の目的とせず、生活環境や自然環境と調和する共生の原理に基づいて、協働する生産者と長期的に安定した関係を維持する。

“身近な国際協力”として、あしたやとはらっぱでも第3世界ショップのものを扱ってきました。インドの山羊皮製品、スリランカのカレーの壺、台湾の烏龍茶等々、みなさまにおなじみの人気商品もたくさんあります。

今回の展示販売会はふだんなかなか店に並べられないもの‐‐‐アフリカンバッグ、バティックパッチワークバッグ、Tシャツ、アクセサリー、ハンドメイドペーパー等、新しい商品も含めご紹介いたします。

各国からやってきた、たくさんの思いが込められている、ぬくもりのある商品をぜひ手にとっていただきたい、と思っています。どうぞ、みなさまお出かけください。

第3世界ショップによるフェアトレード製品展示販売会 2004年5月8日(土)10時半~6時半 あしたや店頭

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言