「あしたや」「はらっぱ」の野菜

入梅してから真夏のような日が続き、紫陽花にも気の毒なようです。

6月のリニューアルオープンの際には多くの皆様に来ていただきありがとうございました。店内も手すきの和紙できれいになりましたし、備品も整理したので以前より広くなったね…とお客様にお声をかけていただきます。

そして、今回のリニューアルで一番うれしかったことは、店内に大きなオープン冷蔵庫が設置できたことです。

毎年夏に向かう時期、あしたや店頭の強い日差しを避けるために、野菜などの棚をあちこち移動しながらの販売に苦慮していましたが、これからは店内の新冷蔵庫を活用することができるようになりました。特に野菜などの鮮度が大切な商品の品質保持には欠かせません。

その野菜ですが、現在「あしたや」と「はらっぱ」には、多くの生産者から入荷しています。

それぞれ特性を持った農家の方々とのつながりを活かしながら、季節ごとに品種が揃うように、また新鮮なものを扱えるようにと心がけてきました。このニュータウンの中での数少なくなった農家の方々の野菜は、朝収穫されたものがすぐ店頭に並ぶのでとても好評です。

また、少し距離は離れているものの、地場では穫れない品種などを生産している農家とも直送という形でつながっています。農法は土作りをはじめ、本当にそれぞれですが、基本的にできるだけ安全でおいしいものを扱いたいと考えています。

皆様に信頼してお求めいただくためには、私たち自身がきちんと生産物についての情報をもち、それぞれの野菜についての産地や生産者、栽培法などの内容を伝えなくてはならない、と思っています。

現在あしたやで扱っているものの中には、長年無農薬・無化学肥料での栽培努力をされて循環型営農を目指している方もいます。店頭での表示については農林水産省の定めたJAS法により有機栽培農産物についての安易な表示は規制されています。

あしたやとしても「特別栽培農産物の表示ガイドライン」に沿うなど、今後も扱う商品について情報をわかりやすく提供していくよう努力を続けます。ご不明な点はいつでもお問い合わせください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の