「あしたや」「はらっぱ」の野菜

入梅してから真夏のような日が続き、紫陽花にも気の毒なようです。

6月のリニューアルオープンの際には多くの皆様に来ていただきありがとうございました。店内も手すきの和紙できれいになりましたし、備品も整理したので以前より広くなったね…とお客様にお声をかけていただきます。

そして、今回のリニューアルで一番うれしかったことは、店内に大きなオープン冷蔵庫が設置できたことです。

毎年夏に向かう時期、あしたや店頭の強い日差しを避けるために、野菜などの棚をあちこち移動しながらの販売に苦慮していましたが、これからは店内の新冷蔵庫を活用することができるようになりました。特に野菜などの鮮度が大切な商品の品質保持には欠かせません。

その野菜ですが、現在「あしたや」と「はらっぱ」には、多くの生産者から入荷しています。

それぞれ特性を持った農家の方々とのつながりを活かしながら、季節ごとに品種が揃うように、また新鮮なものを扱えるようにと心がけてきました。このニュータウンの中での数少なくなった農家の方々の野菜は、朝収穫されたものがすぐ店頭に並ぶのでとても好評です。

また、少し距離は離れているものの、地場では穫れない品種などを生産している農家とも直送という形でつながっています。農法は土作りをはじめ、本当にそれぞれですが、基本的にできるだけ安全でおいしいものを扱いたいと考えています。

皆様に信頼してお求めいただくためには、私たち自身がきちんと生産物についての情報をもち、それぞれの野菜についての産地や生産者、栽培法などの内容を伝えなくてはならない、と思っています。

現在あしたやで扱っているものの中には、長年無農薬・無化学肥料での栽培努力をされて循環型営農を目指している方もいます。店頭での表示については農林水産省の定めたJAS法により有機栽培農産物についての安易な表示は規制されています。

あしたやとしても「特別栽培農産物の表示ガイドライン」に沿うなど、今後も扱う商品について情報をわかりやすく提供していくよう努力を続けます。ご不明な点はいつでもお問い合わせください。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言