りんご酢のふるさと

アップルファームさみずのある三水村は長野県の北端斑尾山の南麓に広がる丘陵地帯にあります。

ここで大切に手をかけて育てられたりんごから作られたりんご酢とアップルソース<ウスター><中濃>があしたやとはらっぱに届きます。

アップルファームさみずでは次の4点を基本的な考え方としています。 (1) 人と自然が永続可能な農業を目指し、環境にできるだけ負荷をかけない農法を追及する。 (2) 果樹栽培に最適な恵まれた自然条件を最大限に生かした栽培を心がけ、見かけよりも安全・安心・あいしさを重視する。 (3) 果樹園は生産者の家族を含めた生活の場であるため、可能な限り自然に近い状態に保つよう化学肥料や農薬には極力頼らず、安全・安心を実証していく。 (4) 次の世代はつなげていける元気の出る農業を、地域ぐるみで取り組む。

りんご酢はりんごジュースにアルコールを一切添加せずに発酵させて作られたもので、香り高く爽快な酸味です。ドレッシング等のお料理に使えばワンランクアップのあじわい。また、はちみつと水で割ってドリンクにも最適です。 アップルソースはベースになる野菜も無農薬のものを使用しています。ウスターにはさみずの完熟りんごの果汁が中濃にはピューレ状態のものがたっぷり入っています。

生産者のひとりの山下勲さんは連光寺にある農業者大学校の卒業生で多摩にもなじみの深い方で、とびきり明るい笑顔で時々あしたやにも顔をみせてくれます。ひと味違うりんご酢とソースをどうぞぜひ一度お試しください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の