りんご酢のふるさと

アップルファームさみずのある三水村は長野県の北端斑尾山の南麓に広がる丘陵地帯にあります。

ここで大切に手をかけて育てられたりんごから作られたりんご酢とアップルソース<ウスター><中濃>があしたやとはらっぱに届きます。

アップルファームさみずでは次の4点を基本的な考え方としています。 (1) 人と自然が永続可能な農業を目指し、環境にできるだけ負荷をかけない農法を追及する。 (2) 果樹栽培に最適な恵まれた自然条件を最大限に生かした栽培を心がけ、見かけよりも安全・安心・あいしさを重視する。 (3) 果樹園は生産者の家族を含めた生活の場であるため、可能な限り自然に近い状態に保つよう化学肥料や農薬には極力頼らず、安全・安心を実証していく。 (4) 次の世代はつなげていける元気の出る農業を、地域ぐるみで取り組む。

りんご酢はりんごジュースにアルコールを一切添加せずに発酵させて作られたもので、香り高く爽快な酸味です。ドレッシング等のお料理に使えばワンランクアップのあじわい。また、はちみつと水で割ってドリンクにも最適です。 アップルソースはベースになる野菜も無農薬のものを使用しています。ウスターにはさみずの完熟りんごの果汁が中濃にはピューレ状態のものがたっぷり入っています。

生産者のひとりの山下勲さんは連光寺にある農業者大学校の卒業生で多摩にもなじみの深い方で、とびきり明るい笑顔で時々あしたやにも顔をみせてくれます。ひと味違うりんご酢とソースをどうぞぜひ一度お試しください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が