三陸水産のこだわり海産物

あしたや・はらっぱで扱っている海産物の多くは福島県いわき市にある「三陸水産」から入荷するものです。

三陸のきれいな海で獲れる海産物をはじめ、北洋産の厳選された天然の材料から作られる加工品の数々をあつかっている海産自然食品取り扱い専門の会社です。

天日干しや無添加など自家加工にこだわり、使用する調味料も無添加のものを使用するなど徹底した「安全とおいしさ」を追及しています。その結果、あしたやでも好評をいただき、冷凍の魚をはじめ海藻類、かつお節など店頭に欠かせない定番商品となっています。

各商品には次のようなこだわりと特徴があります。一部をご紹介しますのでぜひお試しください。なお冷凍品はあしたやのみの扱いとなります。商品アイテムも多いので、店に並んでいなくても、取り寄せられるものもあります。お気軽にお声をかけてみてください。

 

三陸わかめ

3月上旬の荒波に育まれた歯ごたえのあるもの(577円) 茎わかめ

わかめの茎部を裂いたもの。しゃきしゃきしておいしい(189円)  特上焼き海苔

宮城産黒海苔100%使用。12月収穫の一番海苔を炭火焼。  だし昆布

道南産。科学調味料では得られない上質の味が出ます(420円) 荒削りかつお節

三陸産のかつおを天日干し加工。濃い目のだしに(357円) 糸寒天

無漂白。今話題の食物繊維たっぷりなヘルシー食品(315円) がごめ昆布

函館産の昆布を細切りにし混ぜるとねばねばして美味(441円) 冷凍紅鮭切り身

脂が乗った時期に北洋で獲れたものを3%の塩で加工

この他、寒サバ切り身・シシャモ・寒ブリ切り身・アジ開き・いわし目刺などの冷凍魚・各種味噌漬け・粕漬け・さつま揚げなどもあります。 年末には正月用特別扱い品として海産物の注文をとっています。詳しくは時期がきましたらお知らせいたしますので、どうぞご利用ください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が