三陸水産のこだわり海産物

あしたや・はらっぱで扱っている海産物の多くは福島県いわき市にある「三陸水産」から入荷するものです。

三陸のきれいな海で獲れる海産物をはじめ、北洋産の厳選された天然の材料から作られる加工品の数々をあつかっている海産自然食品取り扱い専門の会社です。

天日干しや無添加など自家加工にこだわり、使用する調味料も無添加のものを使用するなど徹底した「安全とおいしさ」を追及しています。その結果、あしたやでも好評をいただき、冷凍の魚をはじめ海藻類、かつお節など店頭に欠かせない定番商品となっています。

各商品には次のようなこだわりと特徴があります。一部をご紹介しますのでぜひお試しください。なお冷凍品はあしたやのみの扱いとなります。商品アイテムも多いので、店に並んでいなくても、取り寄せられるものもあります。お気軽にお声をかけてみてください。

 

三陸わかめ

3月上旬の荒波に育まれた歯ごたえのあるもの(577円) 茎わかめ

わかめの茎部を裂いたもの。しゃきしゃきしておいしい(189円)  特上焼き海苔

宮城産黒海苔100%使用。12月収穫の一番海苔を炭火焼。  だし昆布

道南産。科学調味料では得られない上質の味が出ます(420円) 荒削りかつお節

三陸産のかつおを天日干し加工。濃い目のだしに(357円) 糸寒天

無漂白。今話題の食物繊維たっぷりなヘルシー食品(315円) がごめ昆布

函館産の昆布を細切りにし混ぜるとねばねばして美味(441円) 冷凍紅鮭切り身

脂が乗った時期に北洋で獲れたものを3%の塩で加工

この他、寒サバ切り身・シシャモ・寒ブリ切り身・アジ開き・いわし目刺などの冷凍魚・各種味噌漬け・粕漬け・さつま揚げなどもあります。 年末には正月用特別扱い品として海産物の注文をとっています。詳しくは時期がきましたらお知らせいたしますので、どうぞご利用ください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の