やまぼうしの畑から

おとなり日野市にある畑から、野菜や漬け物が届くことになりました。NPO法人やまぼうしの方たちが作ったものです。

やまぼうしは「浅川流域にそった多摩地域を中心に、自然と人が共生できる総合環境のまちづくりの推進を図る事業、及び障害者にとって障壁のない地域社会の実現を目指し推進を図る事業を行なう」という目的のもと、さまざまな事業を展開しています。

総合生活援助事業、通所授産事業、生活寮事業等の取り組みは、日野市内にいくつもの拠点を持ち、ハンディを持つ人が地域で暮らすことをトータルにサポートする意気込みにあふれています。

もうひとつの大きな柱である環境保全事業では、遊休農地を活用し、野菜作りや生ゴミ堆肥化に取り組み、「国産大豆プロジェクト」や「用水守り」「浅川水辺の楽校」等の活動にも積極的に参加しているということです。 畑は日野の里山耕房くらさわの風の丘の畑を中心に、同じく日野の阿川農園、八王子の鈴木牧場と3ヶ所延べ1200坪という広さです。落ち葉や牧場の牛糞、生ゴミで作った堆肥を使い、無農薬、無化学肥料の野菜を作っています。

日野の畑で採れた高菜で作った漬け物は<くらさわの高菜漬け>として店先に並んでいるので、すでにおなじみと思いますが、これからは季節の野菜が少しづつあしたやとはらっぱの店先を賑わしてくれます。

おとなりの仲間たちが作った作物が私たちの店に並ぶのは本当にうれしいことです。当面月曜日の午後に入荷の予定ですので、どうぞお楽しみに。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言