ウガンダ・アチョリ人のクラフトビーズ

みなさんウガンダという国がどこにあるかご存知ですか?

ウガンダは広いアフリカ大陸の東側、コンゴとケニアに挟まれたちいさな国です。 これまで20年間、北部ウガンダでは内戦が続き、その地域に暮らすアチョリ人は国内避難民となり厳しい生活をせまられています。彼らは生活のため、わずかな収入にしかならない、危険な砕石の日雇労働を強いられています。

そんな中で生まれたのが、女性たちによる再生紙を使ったクラフトビーズのアクセサリーです。 多摩アフリカセンターは現地価格の3倍で購入し、お金を受け取った女性グループはビーズ価格の半額は作成者本人に支払い、残りの半額はマイクロ・ファイナンス(低所得者向け小規模金融)といって、仲間でお金をプールし、希望するメンバーに貸し付けています。

貸し付けられたお金は女性たちの小規模ビジネス(家の前での野菜の販売など)の原資として利用されたり、子どもの学費にも使われているそうです。 多摩アフリカセンターは以上のような支援のほかに、日本ではあまり知られていないアフリカの文化芸術等を広めるための活動をおこなっている市民団体です。今回はアクセサリーのほかに、サイザルバッグも入りました。 ひとつひとつていねいに作られた軽くてカラフルなビーズアクセサリー、自然の風合いがすてきなサイザルバッグ、きっとアフリカのあたたかなぬくもりを感じることができると思います。どうぞ、ぜひ手にとってごらんください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が