top of page

ウガンダ・アチョリ人のクラフトビーズ

みなさんウガンダという国がどこにあるかご存知ですか?

ウガンダは広いアフリカ大陸の東側、コンゴとケニアに挟まれたちいさな国です。 これまで20年間、北部ウガンダでは内戦が続き、その地域に暮らすアチョリ人は国内避難民となり厳しい生活をせまられています。彼らは生活のため、わずかな収入にしかならない、危険な砕石の日雇労働を強いられています。

そんな中で生まれたのが、女性たちによる再生紙を使ったクラフトビーズのアクセサリーです。 多摩アフリカセンターは現地価格の3倍で購入し、お金を受け取った女性グループはビーズ価格の半額は作成者本人に支払い、残りの半額はマイクロ・ファイナンス(低所得者向け小規模金融)といって、仲間でお金をプールし、希望するメンバーに貸し付けています。

貸し付けられたお金は女性たちの小規模ビジネス(家の前での野菜の販売など)の原資として利用されたり、子どもの学費にも使われているそうです。 多摩アフリカセンターは以上のような支援のほかに、日本ではあまり知られていないアフリカの文化芸術等を広めるための活動をおこなっている市民団体です。今回はアクセサリーのほかに、サイザルバッグも入りました。 ひとつひとつていねいに作られた軽くてカラフルなビーズアクセサリー、自然の風合いがすてきなサイザルバッグ、きっとアフリカのあたたかなぬくもりを感じることができると思います。どうぞ、ぜひ手にとってごらんください。

関連記事

すべて表示

震災からみえてきた私たちの暮らし

能登半島地震の被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 年の初めの元日、この日はご家族の皆さまも集まり心づくしのお料理も並んでいたのではないか……と思うとより一層この震災の深刻さが身につまされます。 今回は地形的に道路の寸断などでインフラも不十分、食料や水など生きていく上で欠かせないものの調達にも時間がかかっていました。農業や漁業など産地としての被害は未だ把握できていないようですが、これま

2023年ありがとうございました 2024年よろしくお願いします

新しい年を迎えます。 2023年は皆さまにとってどのような一年でしたでしょうか。 新型コロナウイルス感染症は次第に収まってきたようですが、他の感染症の蔓延も気がかりです。 ウクライナ侵攻について1年前の「あーす」に記しましたが、今年はガザ地区の悲惨な紛争を目の当たりにしている私たちです。一日も早い争いの収束を願うばかりです。 2024年はどのような年になるのでしょうか。気候変動も年々加速している状

bottom of page