ウガンダ・アチョリ人のクラフトビーズ

みなさんウガンダという国がどこにあるかご存知ですか?

ウガンダは広いアフリカ大陸の東側、コンゴとケニアに挟まれたちいさな国です。 これまで20年間、北部ウガンダでは内戦が続き、その地域に暮らすアチョリ人は国内避難民となり厳しい生活をせまられています。彼らは生活のため、わずかな収入にしかならない、危険な砕石の日雇労働を強いられています。

そんな中で生まれたのが、女性たちによる再生紙を使ったクラフトビーズのアクセサリーです。 多摩アフリカセンターは現地価格の3倍で購入し、お金を受け取った女性グループはビーズ価格の半額は作成者本人に支払い、残りの半額はマイクロ・ファイナンス(低所得者向け小規模金融)といって、仲間でお金をプールし、希望するメンバーに貸し付けています。

貸し付けられたお金は女性たちの小規模ビジネス(家の前での野菜の販売など)の原資として利用されたり、子どもの学費にも使われているそうです。 多摩アフリカセンターは以上のような支援のほかに、日本ではあまり知られていないアフリカの文化芸術等を広めるための活動をおこなっている市民団体です。今回はアクセサリーのほかに、サイザルバッグも入りました。 ひとつひとつていねいに作られた軽くてカラフルなビーズアクセサリー、自然の風合いがすてきなサイザルバッグ、きっとアフリカのあたたかなぬくもりを感じることができると思います。どうぞ、ぜひ手にとってごらんください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の