スイス伝統のチョコレート

皆さんは、どんな時にチョコレートを食べたくなりますか? “疲れたとき!” “コーヒーでちょっと一息!” “いつも食べたい!?” 一口の甘いものは、心も体も幸せにしてくれますね。今回は、そんなチョコレートのお話です。

チョコレートとは、本来ココアバターとカカオマスをつなぎ合わせたもの。 一般的には、つながりやすくするために乳化剤(大豆レシチン)を添加して短時間で練り上げます。しかし、レシチンには遺伝子組み換えの大豆が混入している心配があります。 第三世界ショップのチョコレートは乳化剤を使用せず、ココアバターの比率を上げ、最大72時間かけてじっくりを混ぜ合わせます。むずかしい技術だそうですが、スイスならではの高度な伝統技法が可能にしています。安全な原材料はもちろん、おいしさは言うまでもありません!!

第三世界ショップのチョコレート 10月中旬入荷予定 ピープルツリーのチョコレート   11月上旬入荷予定

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主