新しいパン屋さん ピッコリ―ノ

府中の南部パンが店を閉めることになり、新しく町田のピッコリーノというパン屋さんのパンが毎月第一・第三金曜日に入ることになりました。

「食べ物の基本はおいしくて体によいこと」という考えのもと、ほんもののパンを求めて、ホシノ天然酵母と国産ナンブ小麦で30余年パンを作り続けてきたパン屋さんです。 「添加物を排除し、疑わしきは使わず」をモットーに作られたパンは、シンプルでかつ味わい深い、ほんもののおいしさです。以下、いつくかご紹介します。

 

田舎パン

シンプルな白生地のパンでトースト、サンドウィッチなど、何にでもOK。オーブンの中で思いきりふくらむので時として大きな穴があくことがあります。パンがおいしく焼けている証拠です。 全粒粉が2割はいった全粒入り田舎パンもあります。白生地より旨みがあり、少ししっかりしたパンです。

ゲンコツパン

田舎パンと同じ白生地ですが味が違います。オーブントースターで焼き、横に切れ目を入れ、バターとちりめんじゃこをはさんで召し上がってみてください。お子様にもぴったり!

ミルクロール

水は一滴も入らず、牛乳で仕込んであります。どなたにも喜ばれるぜいたくなテーブルロールです。

レーズンパン

レーズンが粉の半分入ったおかしのようなパン。スライスして軽く焼き、バターをつけてどうぞ。

他にも、シンプルな食パンの「昔パン」、塩を全く使わない「無塩パン」、「ライ麦パン」「フォカッチャ」など、おすすめのパンがたくさん。

いくつかとりまぜて、1050円セットで多摩市内と近隣地域に宅配もしています。 どうぞ、ぜひみなさん一度あじわってみてください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の