新しいパン屋さん ピッコリ―ノ

府中の南部パンが店を閉めることになり、新しく町田のピッコリーノというパン屋さんのパンが毎月第一・第三金曜日に入ることになりました。

「食べ物の基本はおいしくて体によいこと」という考えのもと、ほんもののパンを求めて、ホシノ天然酵母と国産ナンブ小麦で30余年パンを作り続けてきたパン屋さんです。 「添加物を排除し、疑わしきは使わず」をモットーに作られたパンは、シンプルでかつ味わい深い、ほんもののおいしさです。以下、いつくかご紹介します。

 

田舎パン

シンプルな白生地のパンでトースト、サンドウィッチなど、何にでもOK。オーブンの中で思いきりふくらむので時として大きな穴があくことがあります。パンがおいしく焼けている証拠です。 全粒粉が2割はいった全粒入り田舎パンもあります。白生地より旨みがあり、少ししっかりしたパンです。

ゲンコツパン

田舎パンと同じ白生地ですが味が違います。オーブントースターで焼き、横に切れ目を入れ、バターとちりめんじゃこをはさんで召し上がってみてください。お子様にもぴったり!

ミルクロール

水は一滴も入らず、牛乳で仕込んであります。どなたにも喜ばれるぜいたくなテーブルロールです。

レーズンパン

レーズンが粉の半分入ったおかしのようなパン。スライスして軽く焼き、バターをつけてどうぞ。

他にも、シンプルな食パンの「昔パン」、塩を全く使わない「無塩パン」、「ライ麦パン」「フォカッチャ」など、おすすめのパンがたくさん。

いくつかとりまぜて、1050円セットで多摩市内と近隣地域に宅配もしています。 どうぞ、ぜひみなさん一度あじわってみてください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が