新しいパン屋さん ピッコリ―ノ

府中の南部パンが店を閉めることになり、新しく町田のピッコリーノというパン屋さんのパンが毎月第一・第三金曜日に入ることになりました。

「食べ物の基本はおいしくて体によいこと」という考えのもと、ほんもののパンを求めて、ホシノ天然酵母と国産ナンブ小麦で30余年パンを作り続けてきたパン屋さんです。 「添加物を排除し、疑わしきは使わず」をモットーに作られたパンは、シンプルでかつ味わい深い、ほんもののおいしさです。以下、いつくかご紹介します。

田舎パン

シンプルな白生地のパンでトースト、サンドウィッチなど、何にでもOK。オーブンの中で思いきりふくらむので時として大きな穴があくことがあります。パンがおいしく焼けている証拠です。 全粒粉が2割はいった全粒入り田舎パンもあります。白生地より旨みがあり、少ししっかりしたパンです。

ゲンコツパン

田舎パンと同じ白生地ですが味が違います。オーブントースターで焼き、横に切れ目を入れ、バターとちりめんじゃこをはさんで召し上がってみてください。お子様にもぴったり!

ミルクロール

水は一滴も入らず、牛乳で仕込んであります。どなたにも喜ばれるぜいたくなテーブルロールです。

レーズンパン

レーズンが粉の半分入ったおかしのようなパン。スライスして軽く焼き、バターをつけてどうぞ。

他にも、シンプルな食パンの「昔パン」、塩を全く使わない「無塩パン」、「ライ麦パン」「フォカッチャ」など、おすすめのパンがたくさん。

いくつかとりまぜて、1050円セットで多摩市内と近隣地域に宅配もしています。 どうぞ、ぜひみなさん一度あじわってみてください。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言