体にやさしい冷やし麺

夏は食欲も落ち 手軽に作って食べられる麺類が大活躍ですよね。

だからこそ体に良い食品にこだわりたい。本物の美味しさで夏を元気に乗り切りましよう。

夏休み、お盆休みの急なお客様にも常備しておけば安心ですね!

 

七味フーズ(福岡)の冷やし中華 ラーメンで食改善をテーマに酸化防止剤や保存料など一切使わず中華麺に不可欠とされる「かんすい」を唐あく(炭酸ナトリウム)に変え、着色にはくちなしの実を使うなど、食べる人の事をとことん考えて作られています。 一般の麺の様に油で揚げずに特選小麦ににがりを加え熟成乾燥させたストレート麺です。旬の野菜をたっぷり添えて。 6食入り ¥1155

まろやかで子供も大好き レモン味 上品な風味 さっぱり  かぼす味 

上原製粉(群馬)の庄屋 素麺と冷麦 栄養と風味豊かな群馬県産地粉を使って昔ながらの製法で丁寧に作られています。 地粉とは…原料となる小麦粉は一般的には胚芽を取り除きますが庄屋の麺は自然乾燥法で胚芽を取り除くことなく作られています(白さとは関係ありません)。胚芽には、ビタミン類、酵素、ミネラルなどが多く含まれており栄養の宝庫です。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が