夏にうれしい手間いらず海の幸

暑い夏がやってきましたね。 この季節は火を使って長い時間台所に立つのは大変ですよね。でも美味しいものは食べたいし、栄養もしっかりとりたい…。 そこで手間いらずでさっぱりいただける海の幸をご紹介します。

 

特上しめさば   冷酒やビールのお供にぴったり かつおのたたき  スライス玉葱とポン酢でご馳走メニュー いか刺身     そのままでももちろん和え物にも さばみりん干し  脂がのってやわらかく子供も大好き 他、美味しい海の幸がたくさんあります。 全て冷凍品ですので買い置きして備えておくと便利ですね!急な来客にも慌てずにおもてなしできますよ。

 

生産者からのメッセージ ~三陸水産は安心安全をお届けすることが復興の証と考えます~ 大震災から二年が過ぎ、出口の見えない苦しみに悩み続けているものの三陸の生産者が「しめさば」で農林水産大臣賞をいただくなど、一生懸命頑張っています。

皆さまに海産物を買っていただくことで漁民の生活を守り、海を豊かな生活の場にし、皆さまに大自然からの大きな恩返しが出来るものと確信しています。 そのひとつが、「三陸新わかめ」です。厳しい基準値の放射能検査をクリアして全面的な生産が出来るようになりました。 三陸の海の贈り物をぜひご賞味ください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の