夏にうれしい手間いらず海の幸

暑い夏がやってきましたね。 この季節は火を使って長い時間台所に立つのは大変ですよね。でも美味しいものは食べたいし、栄養もしっかりとりたい…。 そこで手間いらずでさっぱりいただける海の幸をご紹介します。

 

特上しめさば   冷酒やビールのお供にぴったり かつおのたたき  スライス玉葱とポン酢でご馳走メニュー いか刺身     そのままでももちろん和え物にも さばみりん干し  脂がのってやわらかく子供も大好き 他、美味しい海の幸がたくさんあります。 全て冷凍品ですので買い置きして備えておくと便利ですね!急な来客にも慌てずにおもてなしできますよ。

 

生産者からのメッセージ ~三陸水産は安心安全をお届けすることが復興の証と考えます~ 大震災から二年が過ぎ、出口の見えない苦しみに悩み続けているものの三陸の生産者が「しめさば」で農林水産大臣賞をいただくなど、一生懸命頑張っています。

皆さまに海産物を買っていただくことで漁民の生活を守り、海を豊かな生活の場にし、皆さまに大自然からの大きな恩返しが出来るものと確信しています。 そのひとつが、「三陸新わかめ」です。厳しい基準値の放射能検査をクリアして全面的な生産が出来るようになりました。 三陸の海の贈り物をぜひご賞味ください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が