夏バテを癒す山下農園のフルーツ

暑い夏にがんばった体を“やさしいフルーツ”でいたわってあげましょう。 山下農園は今まで40年以上培ってきた“安心 美味しい”を基盤に、時代とともに進化する農園をめざしてきました。

後継者の若い力を生かして、次の世代につなげてゆきたいと若い担い手は、新しい視線も取り入れ常に挑戦の努力をつづけています。 絵里さんは、フランスでビオ・オーガニックに触れ、体に取り入れるものは安全でありたいと強く思い、この気持ちを大切にフルーツ作りに取り組んでいます。

あしたやには直接届けてもらう関係を作ってきました。ぜひ顔の見えるフルーツをご賞味ください。

 

8月下旬から早生プルーン、プルーン、ワッサー、白桃、つがるなど、秋の果実が続々入荷します! ※毎年好評のプラムとソルダムは、残念ながら例年の半分しかとれず、今年は終わりです。 花の咲く頃、雪がふったり、芯くい虫が入ったりと自然相手のむずかしさがあり、思うように収穫ができなかったそうです。来年に期待しましょう!!

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

梅雨の季節が明けると、初夏、そして夏本番の暑さがやって来ます。しばらく前の日本の季節の移り変わりはもう少し分かりやすかった、という印象がありました。が、最近では早くから夏日の気温になったり、梅雨のしとしと降る雨も豪雨のような日もあって、これも地球温暖化の影響かと思わされます。 あしたや共働企画がベルブ永山の中の「はらっぱ」の運営を始めたのは今から25年も前のことです。その頃は今とは運営スタイルも違

今年も早くも2月となりました。 2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。 大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工さ