山下農園の完熟フルーツ

夏がどこへ行ってしまったのかと思うくらい、急に涼しくなりました。このまま秋になってしまうのでしょうか…。 今年も、毎年好評の山下フルーツ農園からおいしいくだものが届き始めました。

山下フルーツ農園は、長野県三水にあります。土作りにこだわり、植物にとっての「土」は、人にとっての「食」と同じ意味があると考えています。あしたやには完熟の状態で出してくれます。気候の変化の中でそれぞれの品種や場所により、ひとつひとつの完熟状態を見極めて収穫しています。

昨年初夏に初めて届いた杏(あんず)は大好評でした。今年も早々に問い合わせがあったのですが、マイマイガの幼虫の大量発生で残念ながら入荷しませんでした。プラムもたくさん被害がでたそうです。 農業は自然相手で、毎年条件が同じではありません。以前、生産者の「30年やっても、30回しか作れない…」という言葉を思い出します。

昨年より、りんごの早生品種が入荷しています。これまでりんごのスタートは「つがる」でしたが、8月に「夏明(なつあかり)」という「さんさ」と「陽光」の掛け合わせの新品種が入荷しました。 生産者の山下さんによると、今年はりんごに限らず全体のが例年よりも1週間~10日ほど早まっているそうです。人気のあるプルーンも9月中旬ぐらいまでとなります。

今後入荷予定のりんごをご紹介します。  9月:つがる、シナノドルチェ、千秋、マルゲット・マリーラ(洋なし)  10月:秋映、シナノスイートなど

それぞれ品種をぜひ味わってみてください。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

春の柑橘をお楽しみください!

新型コロナ感染症の収束も厳しい状況が続いています。 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 季節も三寒四温の言葉のように春までは行きつ戻りつを繰り返しながら、でも春はもうすぐそこに来ています。 人間世界の様々な困難の中でも、自然は確かにめぐってくれることに改めて感謝の念が起きてきます。 畑にはフキノトウがたくさん出ています。梅の花もほころび始めます。 季節の恵みの果物も「あしたや」と「は