あしたや共働企画の活動紹介

皆様の日頃のご協力に感謝し、どんな店でどんな活動をしているのかご挨拶を兼ねてご紹介させていただきます。

「はらっぱ」「あしたや」はあしたや共働企画(任意の市民団体、来年度中にはNPO法人になる予定)が運営しています。ハンディのある人もない人も共に働くお店として「はらっぱ」を開店したのは1997年、2年後多くの方々からのご支援を得て「あしたや」が諏訪商店街の中に誕生しました。

人の健康や環境を害することなく作られた品を揃えるよう、生産者と直でつながり納得のいくものを皆様に提供してきました。ものの溢れている今の時代だからこそより良いものを、と日々努力を重ねています。

またご来店された方々と会話を交わすことも、私たちの大きな喜びであり活力になっています。どうぞお気軽に声をかけて下さい。

私達はハンディのある人、弱い立場にいる人が堂々と生活し大事にされることこそすべての人にとって豊かな社会になると思っています。

2004年もあしたや共働企画の活動をさらに充実させ皆様と共に歩んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

*こんなこともやっています*

外販 保育園で夕方お迎えの方たちにお店を開いています。 公園掃除 現在3ヶ所の清掃を行っています。 はこびや 主に外仕事注文の品やパンの配達、古本の引き取りなど、力仕事も請負っています。 古本 市内3ヶ所、古本の無人販売の、本棚の入れ替えをしています。  多摩市和田の福祉農園借りています。ボランティアの方の手助けを得て今年度はキャベツ・ジャガイモ・ゴーヤ・ヤーコンなど店頭に並びました。 床掃除 保育園の昼寝の時間にホールのワックスかけの仕事です。チームを組んで週1回出かけています。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の