白梅福祉作業所の刺繍ふきん

「はらっぱ」では多摩市内をはじめとして、各地の福祉グループの製品の数々を扱っています。

北は北海道から南は沖縄まで、たくさんのグループとのつながりがあります。それぞれ木工品や竹炭、染め物、織物、手芸品、陶器、石けん類そして農産品や食品など、各グループが幅広く創意工夫の品を作っています。

どれもハンディある方々が丹念に作られたオリジナルな物ばかりですが、なかなか一般的な販路に乗りにくいのが現状です。

わたしたちあしたや共働企画の活動の一環として、少しでも多くの福祉製品が「あしたや」「はらっぱ」に置かれ、皆様の目に触れ、手にとっていただけるとうれしいと思います。

今回は世田谷区松原の「白梅福祉作業所」のふきんと雑巾のご紹介です。

この作業所には15歳以上の知的ハンディのある方たちが通所していますが、その歴史は長く、今から28年近くも前に商店街に借りた一軒の家からスタートしたそうです。

「はらっぱ」においているふきんや雑巾の縫製をはじめ、区の公園掃除や内職仕事を通して、働くことの手ごたえを感じ、意欲、自信などをつけるために日々活動を続けています。ふきんは作業所自主製品で、かわいいワンポイント刺繍が入った清潔感あふれるもので、大変好評です。

ご家庭で日々使われるものにこのようなハンディある方々が作られた製品を選んでいただくことが、一生懸命作られた方々にとって大きな励みにつながる、と思います。

★ワンポイント刺繍ふきん2枚組 250円 ★ワンポイント刺繍台ふきん1枚  70円 ★タオル雑巾1枚        150円

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言