白梅福祉作業所の刺繍ふきん

「はらっぱ」では多摩市内をはじめとして、各地の福祉グループの製品の数々を扱っています。

北は北海道から南は沖縄まで、たくさんのグループとのつながりがあります。それぞれ木工品や竹炭、染め物、織物、手芸品、陶器、石けん類そして農産品や食品など、各グループが幅広く創意工夫の品を作っています。

どれもハンディある方々が丹念に作られたオリジナルな物ばかりですが、なかなか一般的な販路に乗りにくいのが現状です。

わたしたちあしたや共働企画の活動の一環として、少しでも多くの福祉製品が「あしたや」「はらっぱ」に置かれ、皆様の目に触れ、手にとっていただけるとうれしいと思います。

今回は世田谷区松原の「白梅福祉作業所」のふきんと雑巾のご紹介です。

この作業所には15歳以上の知的ハンディのある方たちが通所していますが、その歴史は長く、今から28年近くも前に商店街に借りた一軒の家からスタートしたそうです。

「はらっぱ」においているふきんや雑巾の縫製をはじめ、区の公園掃除や内職仕事を通して、働くことの手ごたえを感じ、意欲、自信などをつけるために日々活動を続けています。ふきんは作業所自主製品で、かわいいワンポイント刺繍が入った清潔感あふれるもので、大変好評です。

ご家庭で日々使われるものにこのようなハンディある方々が作られた製品を選んでいただくことが、一生懸命作られた方々にとって大きな励みにつながる、と思います。

 

★ワンポイント刺繍ふきん2枚組 250円 ★ワンポイント刺繍台ふきん1枚  70円 ★タオル雑巾1枚        150円

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の