今秋のフルーツ

今年ほど“夏を乗り切る”という言葉がぴったりと感じたことはないのではないでしょうか。7月から厳しい暑さが続き、私たちの体がきつかったことはもちろんですが、秋以降の農作物への影響がすでに心配されています。

今年は早くも、長野の“山下フルーツ農園”より「川中島白桃」が届きました。生産者によると、今年の暑さの影響で例年より一週間から10日早まっているとのことでした。

気温が高いと桃の糖度は高くなるというお話のとおり、届いた桃はやや小ぶりですが、とても甘いと好評です。

プルーンは、あしたやでもファンの多いくだものです。プルーンは、品種が多く、大きさなども様々です。毎年届く「パープルアイ」という品種の成りが悪く、出せる量は少なくなるそうです。りんごについては、昨年は台風の影響がありましたが、今年はよく出来ているとのことです。

山下フルーツ農園は、長野県飯綱町にあります。農薬に頼らず、土づくりを大切にしながら、見た目よりも中身で勝負!とおいしいくだものを作っています。主に栽培しているのはりんごですが、その他にもブルーベリー、プラム、プルーン、白桃、黄桃とたくさんの果物を育てています。

りんご酢やジャムなどの加工品もありますが、おすすめは干しりんごです。美味しいりんごを干しているので、味はもちろん!オランダ原産の“ベルドボスクープ”など、珍しい品種もあり、軽くて、ちょっとしたプレゼントやお土産にも喜ばれています。ぜひお試しください。

山下フルーツ農園のりんご

今後の入荷予定

9月―白桃、黄桃、プルーン、りんご(つがる・シナノドルチェ)

9月下旬~10月―りんご(秋映・紅玉・シナノゴールド・シナノスイートなど)

         ※洋梨(バートレット・マルゲットマリーラ)なども随時入荷

あしたやからのお願い

あしたやでは、環境への配慮からレジ袋の削減を心がけています。

お買い物の際にはぜひエコバックなどのご用意をお願いします。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

春の柑橘をお楽しみください!

新型コロナ感染症の収束も厳しい状況が続いています。 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 季節も三寒四温の言葉のように春までは行きつ戻りつを繰り返しながら、でも春はもうすぐそこに来ています。 人間世界の様々な困難の中でも、自然は確かにめぐってくれることに改めて感謝の念が起きてきます。 畑にはフキノトウがたくさん出ています。梅の花もほころび始めます。 季節の恵みの果物も「あしたや」と「は