残暑に嬉しい完熟りんご

今年は本当に長い梅雨でしたね。毎年のように異常気象と言われ、集中豪雨なども年々増加傾向にある中で、梅雨らしい梅雨だったとも言えるのでしょうか。

さて、どんな秋になるでしょうか…


毎年好評の山下フルーツ農園から、おいしいくだものが届き始めました。

山下フルーツ農園は、長野県三水にあります。土作りにこだわり、植物にとっての「土」は、人にとっての「食」と同じ意味があると考えています。

あしたやには完熟の状態で出してくれます。気候の変化の中でそれぞれの品種や場所により、ひとつひとつの完熟状態を見極めて収穫しています。


生産者の山下さんのお話では、りんごには昼と夜の気温の差が大事だそうです。

天候、気温などその自然環境と密接な関係の農業。自然災害のニュースなどで、その度に異常気象といわれ、温暖化による環境の変化は加速しているのではないでしょうか。

自然と向き合いながら、たべものを作っている生産者の大変さにも想いを馳せながら、感謝しておいしくいただきたいですね。


8月後半に「夏明」「シナノレッド」が届きました。早生の新品種ということでまだ数も多くはありませんが、暑さが残るこの時期にみずみずしいりんごは嬉しいですね


果樹を多種類栽培している山下農園ですが、りんごだけでもなんと40種類育てているそうです。

ぜひ、いろんなりんごを楽しんで味わってみてください!

9月 白桃(川中島) プルーン りんご(つがる・さんさ・シナノドルチェ)

10月 りんご(千秋・秋映え・紅玉・シナノピッコロ)

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言