top of page

残暑に嬉しい完熟りんご

今年は本当に長い梅雨でしたね。毎年のように異常気象と言われ、集中豪雨なども年々増加傾向にある中で、梅雨らしい梅雨だったとも言えるのでしょうか。

さて、どんな秋になるでしょうか…


毎年好評の山下フルーツ農園から、おいしいくだものが届き始めました。

山下フルーツ農園は、長野県三水にあります。土作りにこだわり、植物にとっての「土」は、人にとっての「食」と同じ意味があると考えています。

あしたやには完熟の状態で出してくれます。気候の変化の中でそれぞれの品種や場所により、ひとつひとつの完熟状態を見極めて収穫しています。


生産者の山下さんのお話では、りんごには昼と夜の気温の差が大事だそうです。

天候、気温などその自然環境と密接な関係の農業。自然災害のニュースなどで、その度に異常気象といわれ、温暖化による環境の変化は加速しているのではないでしょうか。

自然と向き合いながら、たべものを作っている生産者の大変さにも想いを馳せながら、感謝しておいしくいただきたいですね。


8月後半に「夏明」「シナノレッド」が届きました。早生の新品種ということでまだ数も多くはありませんが、暑さが残るこの時期にみずみずしいりんごは嬉しいですね


果樹を多種類栽培している山下農園ですが、りんごだけでもなんと40種類育てているそうです。

ぜひ、いろんなりんごを楽しんで味わってみてください!

 

9月 白桃(川中島) プルーン りんご(つがる・さんさ・シナノドルチェ)

10月 りんご(千秋・秋映え・紅玉・シナノピッコロ)

関連記事

すべて表示

美味しい新米の季節です!

今年の秋は暑さからいきなり気温が下がるなど、体調管理が大変でしたね。 自然界の気候変動・温暖化で作物の様子もこれまでとは変わってきた……と生産者の方の多くが話されていました。この夏の猛暑、米どころでも一等米が大きく減収した、とお米の異変についてもニュースで伝えられました。 今回はそのような状況の「お米」についてご案内します。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、

Comments


bottom of page