初夏のフルーツ

梅雨が明けて、やっと夏らしくなってきた…ところですが、不安定な天気が続いていますね。毎年のように豪雨など自然災害のニュースのたび、異常気象という言葉を耳にします。

あしたやの生産者の方々も無関係ではありません。

今年は3月に九州で雪が降りました。熊本:天草香果園の井上さんから、50年ぶりの大雪とのこと、ジューシーフルーツが木から落ち、また木になっているままで凍ってしまっていると思うので、今後についてはわからないとのことでした。

果実の状態は、外からでは判断できないこともあります。毎年7月、長い時は8月まで届くジューシーフルーツ。やはり、春の雪で凍っていたことが影響して、出せる状態のもがない…と残念ながら早々に終わってしまいました。

沖縄:アララガマ農園のパイナップルも干ばつの影響により6割が実割れして出荷できないとのこと。ハワイ種はこれから…と楽しみにしていたのでほんとうに残念です。

市川農園でも梨やぶどうを栽培していますが、おいしく熟した頃にやってくるハクビシンやタヌキに食べられてしまうそうです。多摩ではアライグマも出るそうで、くだもののむずかしさは天候だけではないのですね。

今後は、初夏から実りの秋に向かい、以下のくだものが届く予定です。

 

長野:山下フルーツ農園

   プルーン プラム 白桃 ワッサー 8月~

   りんご(夏明 シナノレッド など)8月下旬~

北海道:やまぼうし

    富良野メロン  

山形高畠:四季便りの会 大塚さん

     デラウェア 8月~8月下旬ごろ

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

梅雨の季節が明けると、初夏、そして夏本番の暑さがやって来ます。しばらく前の日本の季節の移り変わりはもう少し分かりやすかった、という印象がありました。が、最近では早くから夏日の気温になったり、梅雨のしとしと降る雨も豪雨のような日もあって、これも地球温暖化の影響かと思わされます。 あしたや共働企画がベルブ永山の中の「はらっぱ」の運営を始めたのは今から25年も前のことです。その頃は今とは運営スタイルも違

今年も早くも2月となりました。 2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。 大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工さ