年末のごあいさつ2019

新しい年を迎えます。

2019年、皆様にはどのような年でしたでしょうか。


地球温暖化の影響もあり日本列島は台風、水害、猛暑などが相次ぎ、思い出しても大変な年でした。被害に遭われた方のご苦労はまだ続いています。改めてお見舞い申し上げます。


気候変動は私たちにとっても身近な問題として迫ってきていることを実感させられます。何十年、何百年に一度…と言われてきた事態が恒常化してきています。

地球温暖化の問題についてはスェーデンの16歳のグレタ・トゥーンベリーさんが一人で始めた運動が今は全世界に大きなうねりとなって若い人を中心に広がっています。

私たち自身も自分の出来ることを通して少しでも努力をし続けるしかないと思います。


私たちが諏訪商店街に「あしたや」をオープンして2019年6月には満20年を迎えることが出来ました。これもひとえに店舗を利用してくださる方を始め、多方面の支援あってこそ、と改めて感謝しています。


“人と共に 自然と共に”を基本に作り手の思いに自分たちの思いを重ねる努力をしてきました。あしたやではその理念に沿って、日々の活動を積み重ねていきたいと思っています。

そのことを忘れずにまた新たな年を迎えたいと心しています。


2020年も“人と共に 自然と共に”、そして皆様と共に出来ることを少しでも進めていけるような年にしていきます。新しい年も変わらずよろしくお願いします。

 

年末年始休業

「あしたや」「あしたや みどり」 12/29(日)~1/5(日)

「はらっぱ」 12/28(土)~1/3(金)

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が