top of page

年末のごあいさつ2019

新しい年を迎えます。

2019年、皆様にはどのような年でしたでしょうか。


地球温暖化の影響もあり日本列島は台風、水害、猛暑などが相次ぎ、思い出しても大変な年でした。被害に遭われた方のご苦労はまだ続いています。改めてお見舞い申し上げます。


気候変動は私たちにとっても身近な問題として迫ってきていることを実感させられます。何十年、何百年に一度…と言われてきた事態が恒常化してきています。

地球温暖化の問題についてはスェーデンの16歳のグレタ・トゥーンベリーさんが一人で始めた運動が今は全世界に大きなうねりとなって若い人を中心に広がっています。

私たち自身も自分の出来ることを通して少しでも努力をし続けるしかないと思います。


私たちが諏訪商店街に「あしたや」をオープンして2019年6月には満20年を迎えることが出来ました。これもひとえに店舗を利用してくださる方を始め、多方面の支援あってこそ、と改めて感謝しています。


“人と共に 自然と共に”を基本に作り手の思いに自分たちの思いを重ねる努力をしてきました。あしたやではその理念に沿って、日々の活動を積み重ねていきたいと思っています。

そのことを忘れずにまた新たな年を迎えたいと心しています。


2020年も“人と共に 自然と共に”、そして皆様と共に出来ることを少しでも進めていけるような年にしていきます。新しい年も変わらずよろしくお願いします。

 

年末年始休業

「あしたや」「あしたや みどり」 12/29(日)~1/5(日)

「はらっぱ」 12/28(土)~1/3(金)

関連記事

すべて表示

月刊<食べもの通信>心と体と社会の健康を高める食生活

【本のご紹介】1970年創刊!食は命の原点。 食事を整えると、心も整う。知っておきたい食情報。 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。「心と体と社会の健康を高める食生活」をモットーに読者の疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。 多種多様な食品添加物、農薬の使用基準の緩和、ゲノム編集食品の解禁、化学物質や電磁波

震災からみえてきた私たちの暮らし

能登半島地震の被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 年の初めの元日、この日はご家族の皆さまも集まり心づくしのお料理も並んでいたのではないか……と思うとより一層この震災の深刻さが身につまされます。 今回は地形的に道路の寸断などでインフラも不十分、食料や水など生きていく上で欠かせないものの調達にも時間がかかっていました。農業や漁業など産地としての被害は未だ把握できていないようですが、これま

Comentarios


bottom of page