年末のごあいさつ2019

新しい年を迎えます。

2019年、皆様にはどのような年でしたでしょうか。


地球温暖化の影響もあり日本列島は台風、水害、猛暑などが相次ぎ、思い出しても大変な年でした。被害に遭われた方のご苦労はまだ続いています。改めてお見舞い申し上げます。


気候変動は私たちにとっても身近な問題として迫ってきていることを実感させられます。何十年、何百年に一度…と言われてきた事態が恒常化してきています。

地球温暖化の問題についてはスェーデンの16歳のグレタ・トゥーンベリーさんが一人で始めた運動が今は全世界に大きなうねりとなって若い人を中心に広がっています。

私たち自身も自分の出来ることを通して少しでも努力をし続けるしかないと思います。


私たちが諏訪商店街に「あしたや」をオープンして2019年6月には満20年を迎えることが出来ました。これもひとえに店舗を利用してくださる方を始め、多方面の支援あってこそ、と改めて感謝しています。


“人と共に 自然と共に”を基本に作り手の思いに自分たちの思いを重ねる努力をしてきました。あしたやではその理念に沿って、日々の活動を積み重ねていきたいと思っています。

そのことを忘れずにまた新たな年を迎えたいと心しています。


2020年も“人と共に 自然と共に”、そして皆様と共に出来ることを少しでも進めていけるような年にしていきます。新しい年も変わらずよろしくお願いします。

 

年末年始休業

「あしたや」「あしたや みどり」 12/29(日)~1/5(日)

「はらっぱ」 12/28(土)~1/3(金)

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の