2021年ありがとうございました 2022年よろしくお願いします

新しい年を迎えます。

2020年からの新型コロナ感染症の蔓延で今でも世界中が大変な状況となっています。

私たちはこれまで経験したことのない世界を生きています。

日本では今のところ感染者が減っていますが、今後変異したオミクロン株が猛威をふるい確実に次の波が来る、と専門家は指摘しています。


先が見えにくコロナの時代を生きなくてはならない私たちですが、基本的には日常の中で出来ることを地道に続けていくしかないのだと思います。

2022年がどんな年になるのかわかりませんが、どのような状況でも基本的な暮らしをしっかりと続けてしていくことが大切なのだと思います。


私たちあしたや共働企画も地域で共に働くことを目指して二十年以上、皆様に支えながら活動を続けてくることができました。

「あしたや」「はらっぱ」「あしたや みどり」が地域の皆さまにとって「あってよかった」と言っていただけるように、これからもより良い店づくりを心がけていきます。

変わらずご支援いただけますようお願いいたします。

皆さまにとって新しい年が良き日々になるように願っています。

 

年末年始休業

「あしたや」「あしたや みどり」12/30(木)~1/4(火)

「はらっぱ」12/29(水)~1/4(火)

最新記事

すべて表示

日本には「旬」という素敵な言葉があります。 他の国にもその言葉にあたるような表現があるのでしょうか。シーズンというのと「旬」とはちょっと違う気がします。野菜、魚、果実などが出盛りになる時期で味も一番おいしい時です。 今年はあしたやでもたくさんの筍が入荷しました。筍はまさに竹冠(たけかんむり)に旬(しゅん)と書きます。出始めの小さく柔らかなものからどっしりと大きく育ち、あっという間に店頭からなくなる

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに