top of page

2021年ありがとうございました 2022年よろしくお願いします

新しい年を迎えます。

2020年からの新型コロナ感染症の蔓延で今でも世界中が大変な状況となっています。

私たちはこれまで経験したことのない世界を生きています。

日本では今のところ感染者が減っていますが、今後変異したオミクロン株が猛威をふるい確実に次の波が来る、と専門家は指摘しています。


先が見えにくコロナの時代を生きなくてはならない私たちですが、基本的には日常の中で出来ることを地道に続けていくしかないのだと思います。

2022年がどんな年になるのかわかりませんが、どのような状況でも基本的な暮らしをしっかりと続けてしていくことが大切なのだと思います。


私たちあしたや共働企画も地域で共に働くことを目指して二十年以上、皆様に支えながら活動を続けてくることができました。

「あしたや」「はらっぱ」「あしたや みどり」が地域の皆さまにとって「あってよかった」と言っていただけるように、これからもより良い店づくりを心がけていきます。

変わらずご支援いただけますようお願いいたします。

皆さまにとって新しい年が良き日々になるように願っています。

 

年末年始休業

「あしたや」「あしたや みどり」12/30(木)~1/4(火)

「はらっぱ」12/29(水)~1/4(火)

関連記事

すべて表示

月刊<食べもの通信>心と体と社会の健康を高める食生活

【本のご紹介】1970年創刊!食は命の原点。 食事を整えると、心も整う。知っておきたい食情報。 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。「心と体と社会の健康を高める食生活」をモットーに読者の疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。 多種多様な食品添加物、農薬の使用基準の緩和、ゲノム編集食品の解禁、化学物質や電磁波

震災からみえてきた私たちの暮らし

能登半島地震の被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 年の初めの元日、この日はご家族の皆さまも集まり心づくしのお料理も並んでいたのではないか……と思うとより一層この震災の深刻さが身につまされます。 今回は地形的に道路の寸断などでインフラも不十分、食料や水など生きていく上で欠かせないものの調達にも時間がかかっていました。農業や漁業など産地としての被害は未だ把握できていないようですが、これま

Комментарии


bottom of page