顔のある手作りハム工房「ゴーバル」

あしたやで扱っている商品は、生産する方がたくさんの思いを込めて作っているものを選んでいます。今月号は岐阜県恵那郡の串原(くしはら)村の山の工房で丹念に作られている「ゴーバル」のハムのご案内です。

「ゴーバル」とは聞きなれないネーミングですが、ネパール語・ヒンディー語・ベンガル語などで、何と“牛糞”という意味だそうです。平和を願い大地をいつくしむ草の根の人々の生活の香りのする言葉。国や生活のスタイルや仕事は違っても“ゴーバルはふくよかな地球の香り”からつけられた名です。

ハム・ソーセージ共、吟味した餌で飼育された健康な豚と鶏を原料にしています。もちろん化学調味料や添加物など一切使用しない手作りのハム達です。

岩塩のピクル液の中で20日間熟成させた後、炭火でゆっくり乾燥させ、桜の薪でいぶす昔ながらの作り方をしています。原料となる豚や鶏の肥育からこだわり、作り方にも手間ひまをかけて大切に作っている思いがそのハムやソーセージから確実に伝わってきます。

「手作りの製品には、一つ一つに顔がある。」とメッセージに書いてありますが、本当に手にした時にとても幸せな気持ちになるから不思議です。

すべてのハム・ソーセージ共、原材料は「無えんせき・香辛料・岩塩・天然羊腸」などの表示となっています。素材と作り方の確かさがうれしい製品です。ぜひ一度お試しください。

「あしたや」「はらっぱ」では大体以下の品を揃えていますが、スライス、ブロックなど、多様な製品がありますので、ご希望がありましたらぜひお声を掛けてください。

 

◆ロースハム  ◆ボンレスハム  ◆スモークハム  ◆骨付きハム

◆ベーコン各種・骨付きもあります  ◆サラミ各種 ◆ウインナソーセージ各種(玄米・野菜・チョリソー・チキンなど)

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が