顔のある手作りハム工房「ゴーバル」

あしたやで扱っている商品は、生産する方がたくさんの思いを込めて作っているものを選んでいます。今月号は岐阜県恵那郡の串原(くしはら)村の山の工房で丹念に作られている「ゴーバル」のハムのご案内です。

「ゴーバル」とは聞きなれないネーミングですが、ネパール語・ヒンディー語・ベンガル語などで、何と“牛糞”という意味だそうです。平和を願い大地をいつくしむ草の根の人々の生活の香りのする言葉。国や生活のスタイルや仕事は違っても“ゴーバルはふくよかな地球の香り”からつけられた名です。

ハム・ソーセージ共、吟味した餌で飼育された健康な豚と鶏を原料にしています。もちろん化学調味料や添加物など一切使用しない手作りのハム達です。

岩塩のピクル液の中で20日間熟成させた後、炭火でゆっくり乾燥させ、桜の薪でいぶす昔ながらの作り方をしています。原料となる豚や鶏の肥育からこだわり、作り方にも手間ひまをかけて大切に作っている思いがそのハムやソーセージから確実に伝わってきます。

「手作りの製品には、一つ一つに顔がある。」とメッセージに書いてありますが、本当に手にした時にとても幸せな気持ちになるから不思議です。

すべてのハム・ソーセージ共、原材料は「無えんせき・香辛料・岩塩・天然羊腸」などの表示となっています。素材と作り方の確かさがうれしい製品です。ぜひ一度お試しください。

「あしたや」「はらっぱ」では大体以下の品を揃えていますが、スライス、ブロックなど、多様な製品がありますので、ご希望がありましたらぜひお声を掛けてください。

 

◆ロースハム  ◆ボンレスハム  ◆スモークハム  ◆骨付きハム

◆ベーコン各種・骨付きもあります  ◆サラミ各種 ◆ウインナソーセージ各種(玄米・野菜・チョリソー・チキンなど)

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の