クイーンズガーデンのお花屋さん

11月になりますと公園や野山、庭やベランダの花たちもすっかり秋が深まったことを実感させてくれます。季節ごとに咲く花々が身近にあるだけで心が豊かになりうれしいものですね…。

「はらっぱ」で人気のクイーンズガーデンのお花が「あしたや」の店先を飾ってくれることになりました。

毎週「はらっぱ」へ定期的に入荷する切花や鉢花を心待ちにしてくださる方も多く、毎回時間を見計らって「今日のお花は?」と、お馴染みさんも多いのですが、諏訪の店舗「あしたや」にもぜひ!という声もあり10月半ばから週2回、切花、鉢花が届くことになりました。

この花を納品しているのがクイーンズガーデンです。ここは、東京都・多摩市・CSKの第三セクター方式による重度障がい者雇用モデル企業・東京グリーンシステムズ(株)の運営で花きを温室で栽培しています。

ハンディある方々の雇用を通して「障がいのある社員もない社員も、協力しあいながら共に働き、共に喜びを分かち合う」ことをめざしています。

花の栽培については環境に配慮し、無・減農薬で栽培しています。品質についても花の色が鮮やかで、艶のある葉、丈夫な茎になるように作られていますので、どの品も生き生きしています。

また、自社栽培のほか、産地直送や市場から直接仕入れるため、安い価格で提供することが出来ます。このような努力の結果、「はらっぱ」でお求めいただく花類は日持ちもよく、しっかり育つ、と好評をいただくことにつながっています。

大切にこだわりをもって育てられた美しいお花を、お部屋やベランダに飾ってぜひお楽しみください。 切花はその時々によりますが、小さなブーケに仕立てて210円。鉢花は毎回季節の花や観葉植物など。リクエストにもお答えしますので、お申し出ください。 「あしたや」「はらっぱ」とも毎週(月)(金)の午後に入荷します。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が