ベーカリー ひあたり

ご好評をいただいていた町田市成瀬の天然酵母パンのピッコリーノさんが、急に店を閉めることになり、新たに、富士作業所のベーカリーひあたりのパンが第1第3金曜日に入ることになりました。

ベーカリーひあたりは、長年パン教室を開いていたピッコリーノのご主人の指導のもと、1988年から天然酵母パンの製造を始め、現在は町田の忠生で本格的に天然酵母パンやクッキーの製造に取り組んでいます。

原材料の小麦粉は、岩手県産ナンブコムギのふすま部分を取り除き、胚芽部分を含めて粉にした風味豊かな小麦粉で、もちもちとした食感が特徴です。

酵母はホシノ丹沢天然酵母という、神奈川県の中央にそびえる丹沢山塊の山林で発見された野生酵母と秘伝の麹を合わせて作られたものです。塩は天塩を使用しています。

その他の原材料も、なるべく安全なものをと、有機、無添加のものを使っています。

吟味された原材料で、発酵から焼き上げまで17時間かけて、小麦のおいしさをじっくり引き出し丁寧につくられたパンはあじわい深く、おいしさも格別です。どうぞ、是非お試しください。

4~5種類のパンが入った1050円のセットで多摩市内および近隣地域に配達もしていますので、どうぞこちらもご利用ください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の