静岡・大石製茶の梅干しが美味しいわけ

今年も早6月。梅雨の季節を迎えます。しとしと降る日本の雨に美しい緑色の青梅の実は似合いますね…。 あしたやで扱って、大変好評なのが静岡市の大石さんの梅干しです。 「昔ながらの味がする」「赤しその香りがよい」「後味がさっぱりしている」とお客様はほとんどの方がリピーターとなってくださいます。

生産者の大石るり子さんに、梅干しがおいしいわけをお聞きしました。 農園のある環境としては、市街地から離れた場所、少し山深い土地柄のようです。6月に青梅の下漬けをして、一か月位重しをかけておきます。その後、7月になってから赤しそをもみ込む作業、そして色鮮やかになった梅の天日干し作業を昼夜にわたり1週間ほどします。   原料となる梅は、自家栽培を含め、無農薬栽培をしている他の農家から集荷しています。赤しそはすべて自家栽培でもちろん無農薬です。 毎年、合計1トンも作っていますが、すべてが手作りです。機械化すると金属に反応して色が黒ずんでしまうからだそうです。

原料にも作り方にもこだわった大石さんから届く梅干しがなぜ美味しいのか、改めてわかりました。

皆さまも梅雨時には青梅から梅干しになるまでを想像されながら、ぜひ日本の伝統的製法でつくられた無添加・梅干しを召し上がってください。 大石製茶では、お茶が本業でもあります。環境にやさしいエコなお茶・ほうじ茶もあわせてご利用ください。

梅干し(梅、しそ、塩)300g 681円 無農薬ほうじ茶    100g 346円

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

春の柑橘をお楽しみください!

新型コロナ感染症の収束も厳しい状況が続いています。 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 季節も三寒四温の言葉のように春までは行きつ戻りつを繰り返しながら、でも春はもうすぐそこに来ています。 人間世界の様々な困難の中でも、自然は確かにめぐってくれることに改めて感謝の念が起きてきます。 畑にはフキノトウがたくさん出ています。梅の花もほころび始めます。 季節の恵みの果物も「あしたや」と「は