静岡・大石製茶の梅干しが美味しいわけ

今年も早6月。梅雨の季節を迎えます。しとしと降る日本の雨に美しい緑色の青梅の実は似合いますね…。 あしたやで扱って、大変好評なのが静岡市の大石さんの梅干しです。 「昔ながらの味がする」「赤しその香りがよい」「後味がさっぱりしている」とお客様はほとんどの方がリピーターとなってくださいます。

生産者の大石るり子さんに、梅干しがおいしいわけをお聞きしました。 農園のある環境としては、市街地から離れた場所、少し山深い土地柄のようです。6月に青梅の下漬けをして、一か月位重しをかけておきます。その後、7月になってから赤しそをもみ込む作業、そして色鮮やかになった梅の天日干し作業を昼夜にわたり1週間ほどします。   原料となる梅は、自家栽培を含め、無農薬栽培をしている他の農家から集荷しています。赤しそはすべて自家栽培でもちろん無農薬です。 毎年、合計1トンも作っていますが、すべてが手作りです。機械化すると金属に反応して色が黒ずんでしまうからだそうです。

原料にも作り方にもこだわった大石さんから届く梅干しがなぜ美味しいのか、改めてわかりました。

皆さまも梅雨時には青梅から梅干しになるまでを想像されながら、ぜひ日本の伝統的製法でつくられた無添加・梅干しを召し上がってください。 大石製茶では、お茶が本業でもあります。環境にやさしいエコなお茶・ほうじ茶もあわせてご利用ください。

梅干し(梅、しそ、塩)300g 681円 無農薬ほうじ茶    100g 346円

最新記事

すべて表示

工房あしたや「織り製品」秋の新作

朝夕の虫の声に秋の訪れを感じるようになりました。 今月は工房あしたやの製品をご紹介します。ぜひ店頭でご覧ください。 ○ウールマフラー 税込¥3,200~ ○巾広ストール  税込¥4,200~ 工房あしたやでは、真夏のうちから織り進めていたウールのマフラーができています。また、肩から羽織る巾の広めのストールなど肌触りの良い素材で織り始め、もうすぐ店頭に並ぶ予定です。 コロナ感染の心配がある中、お出か

夏の味方、お酢の発酵パワー!

日本では寿司や酢の物などで良く使われてきた酢。そのパワーが見直され、今や大人気の発酵食品。甘酒や味噌、納豆にぬか漬けなど…。昔から日本人が大切にして来た食文化は、海外でも評価され、ヘルシーでおいしい!と注目の的です。 そんな発酵パワー!夏の味方といえば、お酢です。酸っぱい味のもとは、酢酸やクエン酸などで、その効果は疲労回復に役立つと言われています。 さっぱりと酢の物やドレッシングなど…。今年の厳し

多摩市内に3店舗

あしたや

自然食品と雑貨の店 〒206-0024 多摩市諏訪5-6-2-102
TEL/FAX 042-376-1465

あしたやみどり

古本と手づくり雑貨 〒206-0024 多摩市諏訪5-6-3-101
TEL/FAX 042-372-3690

はらっぱ

リンク&ショップ 〒206-0025 多摩市永山1-5 ベルブ永山3階
TEL/FAX 042-337-6786

Please reload

NPO法人あしたや共働企画

 

ハンディを持つ者も持たない者も、地域の中で共に生き、共に働くことのできる社会の実現を目指して、東京都多摩市に3つのお店を運営しています。

Copyright Ashitaya. All rights reserved.

  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon