初秋のくだもの

暑い夏も終わりに近づいてきました。この数日は急に気温も下がって、過ごしやすくなりましたね。 これからは秋の実り…あしたやでは、毎年この時期になるとおいしいくだものが店頭に並びます。その多くは、長野県:山下フルーツ農園から届きます。

山下フルーツ農園は、長野県三水にあります。農薬に頼らず、土づくりを大切にしながら、見た目よりも中身で勝負!とおいしいくだものを作っています。主に栽培しているのはりんごですが、その種類の多さに驚かされます。

例年りんごは9月に「つがる」でスタートしていましたが、今年は8月後半に「夏明」「夏乙女」「シナノレッド」が届きました。早生の新品種ということでまだ数も少ないとが、残暑の厳しいころにみずみずしいりんごは嬉しいですね。

生産者の山下さんにりんごの様子をきいたところ、りんごには昼と夜の気温の差が大事で、今年は夜温が下がるのが例年より早く、全体的に出荷が早くできそうです、とのことでした。 天候、気温などその地域の自然環境と密接な関係の農業。ニュースなどで異常気象という言葉をきくと、温暖化などによる環境の変化は加速しているのではないかと懸念します。自然と向き合いながら、たべものを作っている生産者の大変さにも想いを馳せながら、感謝しておいしくいただきたいですね。

 

9月― 白桃(川中島)、プルーン、洋梨(パートレット)      りんご(つがる・さんさ・シナノドルチェ) 10月― りんご(千秋・秋映・紅玉・シナノピッコロなど)

あしたやには、黒川の市川農園からも少しずつですが、ぶどうや梨が入ります。 ぶどうは、ハクビシンに畑の場所を覚えられてしまい、だいぶやられてしまったそうです。畑の場所を替え、新しい品種もはじめるので、どれぐらいとれるかはわからないけれど来年以降を楽しみに、とのことでした。

梨は9月初めに、南水・豊水が入荷する予定です。

最新記事

すべて表示

今年も早くも2月となりました。 2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。 大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工さ

今年も早いもので最後の月となりました。みなさまにとって、この1年はどんな年だったでしょうか……。 店頭には白菜や大根がたくさん! 鍋の出番も増えますね。寒くなりましたが、しっかり食べて体調を崩さないようにしたいものです。 新しい年を迎える準備のこの時期、あしたやではいろいろな食材を各種揃えています。 それぞれ生産者のこだわりもあり、美味しくて、安心なものばかりです。 配達もしていますので、どうぞご

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!