初秋のくだもの

暑い夏も終わりに近づいてきました。この数日は急に気温も下がって、過ごしやすくなりましたね。 これからは秋の実り…あしたやでは、毎年この時期になるとおいしいくだものが店頭に並びます。その多くは、長野県:山下フルーツ農園から届きます。

山下フルーツ農園は、長野県三水にあります。農薬に頼らず、土づくりを大切にしながら、見た目よりも中身で勝負!とおいしいくだものを作っています。主に栽培しているのはりんごですが、その種類の多さに驚かされます。

例年りんごは9月に「つがる」でスタートしていましたが、今年は8月後半に「夏明」「夏乙女」「シナノレッド」が届きました。早生の新品種ということでまだ数も少ないとが、残暑の厳しいころにみずみずしいりんごは嬉しいですね。

生産者の山下さんにりんごの様子をきいたところ、りんごには昼と夜の気温の差が大事で、今年は夜温が下がるのが例年より早く、全体的に出荷が早くできそうです、とのことでした。 天候、気温などその地域の自然環境と密接な関係の農業。ニュースなどで異常気象という言葉をきくと、温暖化などによる環境の変化は加速しているのではないかと懸念します。自然と向き合いながら、たべものを作っている生産者の大変さにも想いを馳せながら、感謝しておいしくいただきたいですね。

9月― 白桃(川中島)、プルーン、洋梨(パートレット)      りんご(つがる・さんさ・シナノドルチェ) 10月― りんご(千秋・秋映・紅玉・シナノピッコロなど)

あしたやには、黒川の市川農園からも少しずつですが、ぶどうや梨が入ります。 ぶどうは、ハクビシンに畑の場所を覚えられてしまい、だいぶやられてしまったそうです。畑の場所を替え、新しい品種もはじめるので、どれぐらいとれるかはわからないけれど来年以降を楽しみに、とのことでした。

梨は9月初めに、南水・豊水が入荷する予定です。

最新記事

すべて表示

工房あしたや「織り製品」秋の新作

朝夕の虫の声に秋の訪れを感じるようになりました。 今月は工房あしたやの製品をご紹介します。ぜひ店頭でご覧ください。 ○ウールマフラー 税込¥3,200~ ○巾広ストール  税込¥4,200~ 工房あしたやでは、真夏のうちから織り進めていたウールのマフラーができています。また、肩から羽織る巾の広めのストールなど肌触りの良い素材で織り始め、もうすぐ店頭に並ぶ予定です。 コロナ感染の心配がある中、お出か

夏の味方、お酢の発酵パワー!

日本では寿司や酢の物などで良く使われてきた酢。そのパワーが見直され、今や大人気の発酵食品。甘酒や味噌、納豆にぬか漬けなど…。昔から日本人が大切にして来た食文化は、海外でも評価され、ヘルシーでおいしい!と注目の的です。 そんな発酵パワー!夏の味方といえば、お酢です。酸っぱい味のもとは、酢酸やクエン酸などで、その効果は疲労回復に役立つと言われています。 さっぱりと酢の物やドレッシングなど…。今年の厳し

多摩市内に3店舗

あしたや

自然食品と雑貨の店 〒206-0024 多摩市諏訪5-6-2-102
TEL/FAX 042-376-1465

あしたやみどり

古本と手づくり雑貨 〒206-0024 多摩市諏訪5-6-3-101
TEL/FAX 042-372-3690

はらっぱ

リンク&ショップ 〒206-0025 多摩市永山1-5 ベルブ永山3階
TEL/FAX 042-337-6786

Please reload

NPO法人あしたや共働企画

 

ハンディを持つ者も持たない者も、地域の中で共に生き、共に働くことのできる社会の実現を目指して、東京都多摩市に3つのお店を運営しています。

Copyright Ashitaya. All rights reserved.

  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon