こだわりの新米の競演

今年も早くも11月を迎えました。日本の秋は美しいですね…。

黄金色に輝く稲穂や刈り取って稲架掛けしてある日本の秋の風景には郷愁を覚えます。最近は食事情も変化していると思います。が、お米を主食としてきた私たちには秋も深まり、新米収穫の声が聞かれるこの時期はやはり嬉しいものです。

あしたやでは、生産者と直接つながることでお米の栽培法や今年の米事情などを確かめながら、お客様にきちんとした情報をお届けすることを心がけています。

北は北海道から南は九州まで、それぞれ持ち味の違うお米を扱いますので、お好みに合わせて選んでいただけるかと思います。

あしたや、はらっぱに並ぶこだわりの新米の競演をぜひお楽しみください。ご希望に合わせ、1キログラムからの量り売りが出来ます。

 

山形県高畠町 「四季便りの会」無農薬 ひとめぼれ

あしたやでは一番長く扱ってきていますので、ファンも多く美味しさには定評があります。白米を始め玄米、あしたやにある精米機を使って分搗き米も出来ます。

長野県松本市 「みんなのお米」無農薬 コシヒカリ

肥料はレンゲをすきこむ農法で天日干し、日本の中でも少なくなってきた昔ながらの栽培法を実践している貴重なお米です。今年は収量が少ないようです。

大分県 下郷農協 「耶馬の詩」無農薬 つや姫

耶馬溪の清らかな空気とおいしい山の水で栽培されています。農薬も化学肥料も使わないので、雑草とのたたかいだそうですが、本物、安心を心がけたお米は味わい深いものです。

横浜 社会福祉法人グリーン 低農薬コシヒカリ

ハンディを持つ方々が堆肥の切り返しなどを行い、土つくりや農法にこだわりながら横浜の田園地帯で米作りに励んでいます。

北海道富良野 特別栽培米 「ゆめぴりか」

最近の米どころは北海道…とも言われ始めていますが、その中でも粘りと甘みが強い一番人気のゆめぴりかです。湧き水が多い田んぼで栽培されているので、おいしいと好評です。

最新記事

すべて表示

今年も早くも2月となりました。 2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。 大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工さ

今年も早いもので最後の月となりました。みなさまにとって、この1年はどんな年だったでしょうか……。 店頭には白菜や大根がたくさん! 鍋の出番も増えますね。寒くなりましたが、しっかり食べて体調を崩さないようにしたいものです。 新しい年を迎える準備のこの時期、あしたやではいろいろな食材を各種揃えています。 それぞれ生産者のこだわりもあり、美味しくて、安心なものばかりです。 配達もしていますので、どうぞご

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!