甑島産黒豚 本物のおいしさ

近頃、肉類をはじめとして、産地や内容を偽って表示をする事件が相次ぎ、消費者としては、なにを信頼して商品を選んでよいのか迷われてしまうことと思います。

特に食肉については、牛や豚、鶏が飼われている農家から賭場を経てさらに流通業者から店頭に並ぶまではとても複雑な経路をたどることもあり、パックに詰められた肉についての正しい情報を店頭で入手するのはとても困難な状況です。

その点、あしたやで扱っている鹿児島黒豚については飼育牧場、飼育法、食肉加工場の含めて皆様にきちんとした情報をお伝え出来る本物の黒豚です。

黒豚は最近色々な点で話題になることが多いですが、あしたやで扱っている鹿児島黒豚は、風土の産物として名高い鼻が短くアゴのしゃくれた「鼻ペシャバークシャー」です。昔はどこにでもいた種ですが、改良が進むにつれ見かけなくなってしまいました。

中でも鹿児島渡辺バークシャー牧場では、昔ながらの方法で飼うことがバークシャーのおいしさを引き出すコツとして、餌や飼い方にもこだわり続けています。

あしたやでは渡辺バークシャー牧場のグループのひとつである鹿児島・甑島(こしきじま)の稲穂農場で飼育され、川崎市生田の稲穂工業畜産部で加工された黒豚をお届けしています。

稲穂農場は稲穂工業(電気)森社長の出身(実家)でもあることで、産地からあしたやまで一貫して見渡せるという他にはないシステムが可能です。

小さな加工場ですが、隅々まで清潔に行き届いた現場を見ると、鹿児島渡辺黒豚を大切にする思いを感じ、あらためて信頼を寄せることが出来ます。

あしたやでは、この黒豚を冷凍で各種部位をそろえて常時販売しています。ぜひ鹿児島・甑島産の本物のおいしさを味わってください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が