top of page

甑島産黒豚 本物のおいしさ

近頃、肉類をはじめとして、産地や内容を偽って表示をする事件が相次ぎ、消費者としては、なにを信頼して商品を選んでよいのか迷われてしまうことと思います。

特に食肉については、牛や豚、鶏が飼われている農家から賭場を経てさらに流通業者から店頭に並ぶまではとても複雑な経路をたどることもあり、パックに詰められた肉についての正しい情報を店頭で入手するのはとても困難な状況です。

その点、あしたやで扱っている鹿児島黒豚については飼育牧場、飼育法、食肉加工場の含めて皆様にきちんとした情報をお伝え出来る本物の黒豚です。

黒豚は最近色々な点で話題になることが多いですが、あしたやで扱っている鹿児島黒豚は、風土の産物として名高い鼻が短くアゴのしゃくれた「鼻ペシャバークシャー」です。昔はどこにでもいた種ですが、改良が進むにつれ見かけなくなってしまいました。

中でも鹿児島渡辺バークシャー牧場では、昔ながらの方法で飼うことがバークシャーのおいしさを引き出すコツとして、餌や飼い方にもこだわり続けています。

あしたやでは渡辺バークシャー牧場のグループのひとつである鹿児島・甑島(こしきじま)の稲穂農場で飼育され、川崎市生田の稲穂工業畜産部で加工された黒豚をお届けしています。

稲穂農場は稲穂工業(電気)森社長の出身(実家)でもあることで、産地からあしたやまで一貫して見渡せるという他にはないシステムが可能です。

小さな加工場ですが、隅々まで清潔に行き届いた現場を見ると、鹿児島渡辺黒豚を大切にする思いを感じ、あらためて信頼を寄せることが出来ます。

あしたやでは、この黒豚を冷凍で各種部位をそろえて常時販売しています。ぜひ鹿児島・甑島産の本物のおいしさを味わってください。

関連記事

すべて表示

震災からみえてきた私たちの暮らし

能登半島地震の被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 年の初めの元日、この日はご家族の皆さまも集まり心づくしのお料理も並んでいたのではないか……と思うとより一層この震災の深刻さが身につまされます。 今回は地形的に道路の寸断などでインフラも不十分、食料や水など生きていく上で欠かせないものの調達にも時間がかかっていました。農業や漁業など産地としての被害は未だ把握できていないようですが、これま

2023年ありがとうございました 2024年よろしくお願いします

新しい年を迎えます。 2023年は皆さまにとってどのような一年でしたでしょうか。 新型コロナウイルス感染症は次第に収まってきたようですが、他の感染症の蔓延も気がかりです。 ウクライナ侵攻について1年前の「あーす」に記しましたが、今年はガザ地区の悲惨な紛争を目の当たりにしている私たちです。一日も早い争いの収束を願うばかりです。 2024年はどのような年になるのでしょうか。気候変動も年々加速している状

bottom of page