2月は節分、お豆料理はいかが?

今年も年明けからあっという間に2月となりました。

日本の昔からの行事の際によく登場するのが「お豆」の色々です。新年の黒豆や節分の豆まき、冬至の小豆など出番が多い食材です。「あしたや」「はらっぱ」で扱っている美味しいお豆の紹介です。

 

新潟県津南高原農産 煎り大豆

甘みの多い在来大豆品種「さといらず」をよく煎ってあります。農薬・化学肥料を使わないで育てた新潟津南産100%。そのまま食べられる煎り豆は節分にもお使いいただけます。

・味付けなし・塩味・甘味 各100g 216円

山形県高畠町 高畠四季便り・吉田さんの平黒豆

無農薬栽培で育てられた平黒豆。雁喰豆とも呼ばれ平たい在来種の黒豆です。煮る時には丸いものより早く柔らかくなり、地方では慶事によく使われます。吉田さんのおばあちゃんが丹精して育て豆選りもしています。

・平黒豆 300g 450円

北海道士別市 イナゾーファームの小豆

若い有機農業生産者の谷さんご夫妻が栽培されています。小豆の生産の適地の北海道から直接届きます。

・小豆 300g 540円

北海道富良野 やまぼうしの豆類

雪深い北海道の地で微生物農法で豆の色々を栽培されています。豆は商品になるまで手間もかかりますが、いくつかの品種を作り、あしたやに直接届きます。あわせて地域の生産者の豆なども仕入れています。

・金時豆・白花豆・トラ豆・紫花豆・トラ豆・貝豆

いずれも300g 540円 ※入荷量が少ない品種もあります。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

梅雨の季節が明けると、初夏、そして夏本番の暑さがやって来ます。しばらく前の日本の季節の移り変わりはもう少し分かりやすかった、という印象がありました。が、最近では早くから夏日の気温になったり、梅雨のしとしと降る雨も豪雨のような日もあって、これも地球温暖化の影響かと思わされます。 あしたや共働企画がベルブ永山の中の「はらっぱ」の運営を始めたのは今から25年も前のことです。その頃は今とは運営スタイルも違

今年も早くも2月となりました。 2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。 大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工さ