top of page

2月は節分、お豆料理はいかが?

今年も年明けからあっという間に2月となりました。

日本の昔からの行事の際によく登場するのが「お豆」の色々です。新年の黒豆や節分の豆まき、冬至の小豆など出番が多い食材です。「あしたや」「はらっぱ」で扱っている美味しいお豆の紹介です。

 

新潟県津南高原農産 煎り大豆

甘みの多い在来大豆品種「さといらず」をよく煎ってあります。農薬・化学肥料を使わないで育てた新潟津南産100%。そのまま食べられる煎り豆は節分にもお使いいただけます。

・味付けなし・塩味・甘味 各100g 216円

山形県高畠町 高畠四季便り・吉田さんの平黒豆

無農薬栽培で育てられた平黒豆。雁喰豆とも呼ばれ平たい在来種の黒豆です。煮る時には丸いものより早く柔らかくなり、地方では慶事によく使われます。吉田さんのおばあちゃんが丹精して育て豆選りもしています。

・平黒豆 300g 450円

北海道士別市 イナゾーファームの小豆

若い有機農業生産者の谷さんご夫妻が栽培されています。小豆の生産の適地の北海道から直接届きます。

・小豆 300g 540円

北海道富良野 やまぼうしの豆類

雪深い北海道の地で微生物農法で豆の色々を栽培されています。豆は商品になるまで手間もかかりますが、いくつかの品種を作り、あしたやに直接届きます。あわせて地域の生産者の豆なども仕入れています。

・金時豆・白花豆・トラ豆・紫花豆・トラ豆・貝豆

いずれも300g 540円 ※入荷量が少ない品種もあります。

関連記事

すべて表示

美味しい新米の季節です!

今年の秋は暑さからいきなり気温が下がるなど、体調管理が大変でしたね。 自然界の気候変動・温暖化で作物の様子もこれまでとは変わってきた……と生産者の方の多くが話されていました。この夏の猛暑、米どころでも一等米が大きく減収した、とお米の異変についてもニュースで伝えられました。 今回はそのような状況の「お米」についてご案内します。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、

Comentarios


bottom of page