top of page

春の柑橘 たんかん・デコポン・ジューシー

今年は例年よりも2週間ぐらいはやく、梅の花は散り始め、川崎ではタケノコが少し顔をだしているそうです。

新型コロナウイルスの影響により、全国的に先の見えない状況が続いています。卒業や入学、新生活をスタートするこの季節…一日も早い収束を願います。


あしたやといえば、柑橘といちごが届くともうすぐ春だな~と感じます。みなさん、ぜひ旬のものをたくさん味わっってくださいね。

昨年は雨が多く、夏の日照不足もありました。果実が実り、育つ時期の天候は、味に大きな影響を与えます。雨が多いと実は大きくは育つものの、味は濃くなりにくい。水分や養分をぎりぎりに抑え、ストレスを与えることで味は濃くなってくるそうです。

生産者は木の状態、果実と日々向き合いながらおいしい果実を届けてくれています。


柑橘はたくさんの種類が出回っています。新しい名前が続々と登場し、覚えきれないほどです。

あしたやのくだものは毎年味も濃く、美味しいと好評ですのでご紹介します。


鹿児島:奄美大島 張間さん

たんかん・・皮は薄く、果汁たっぷりで味が濃い!


熊本県:天草 天草香果園

デコポン・・入荷数は少ないです。お早めに!

いよかん・・伊予柑という名の通り、主な産地である伊予の国(愛媛県)にちなんでついた名前のようです。

甘夏・・皮は厚く、果肉はしっかりとしています。マーマレード作りにも!

春風・・酸味が全くなく楽しみにしている方も多いのですが、今季はほとんど出せないとのこと…。

ジューシー・・3月中旬~。産地によってさまざまな名称でよばれています。グレープフルーツに似た感じですが、苦みがなくさっぱりしています。


茨城 菅谷いちご園

いちご・・小さい粒ですが、甘み酸味のバランスよく美味しい!

関連記事

すべて表示

美味しい新米の季節です!

今年の秋は暑さからいきなり気温が下がるなど、体調管理が大変でしたね。 自然界の気候変動・温暖化で作物の様子もこれまでとは変わってきた……と生産者の方の多くが話されていました。この夏の猛暑、米どころでも一等米が大きく減収した、とお米の異変についてもニュースで伝えられました。 今回はそのような状況の「お米」についてご案内します。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、

Comentarios


bottom of page