あしたや特製日替わり弁当

今年の桜は開花してから寒い日もあり、長く楽しめましたね。

行楽の楽しみの一つはお弁当でもあります。

あしたやでは諏訪の店舗の二階にある食品加工室で、月曜日から金曜日までの毎日「日替わり弁当」を作り、店頭で販売しています。


あしたやで扱っている食材を使っていますので、お米は無農薬米や低農薬米、副菜は鹿児島黒豚や三河屋さんの油揚げ、野菜は日々入荷する生産者の野菜など、どれもこだわりの品がパックの中に並びます。


毎日メニューが変わりますし、作り手も曜日によって変わったりするので、「あしたやのお弁当は手作り感いっぱい!毎日食べても食べ飽きない」と言ってくださる方もいます。


家庭的で安心して食べられるお弁当は、毎日二つのタイプが並びます。

メニューも日替わりなので何が並ぶかお楽しみ♪

毎日お昼前には店頭に並びますので、どうぞご覧になってください。

350円弁当

ご飯170グラム ちょっと軽めのお弁当


500円弁当

ご飯200グラム 副菜も多めの満足お弁当


日によってはおにぎりや副菜のパックも並びます。

火曜日は野菜と桜エビなどの美味しい揚げたてのかき揚げ 一つ150円

木曜日は黒豚入りの手作りコロッケ 一つ100円


※お弁当は特注もお受けしています。ご希望の金額・数・納品日をあしたやまでお知らせください。

 お待ちしています。



最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言