山羊革工芸シャンティニケタン

あしたやに山羊皮のバックやお財布がおいてあるのをご存知ですか? どれも個性的な模様、色実ははるばる船でインドから届きます。

インドの山羊革工芸は、平和を願い、さまざまな活動をしたインドの詩人タゴールが、日本で出会った革工芸を自国に持ち帰ったのが始まりと言われています。

シャンティニケタンとは、サンスクリット語で[平和郷]を意味する言葉。今では、その地で始められた山羊革工芸をも指すようになっているそうです。

今回はこれらの製品がどのように作られているかをご紹介します。 まず、マーケットでなめした革を仕入れます。皮をなめす方法には二つあり、植物のしるでなめすタンニンなめしと化学薬品でなめすクロムなめしです。クロムなめしのものは、燃やすと六価クロムという有害物質を発生します。また、皮を手に入れるためだけに山羊が殺されることはありません。

それから、製品の型に合わせて革を裁断し、模様を型押しします。そのあと、布を丸めた小さなものを筆のように使い、色を塗ります。草木染めではこれだけの色はでないので化学染料を使っていますが、有害物質のアゾを含まない染料です。

実際にやってみるとわかるのですが、細かい部分をぬるのはむずかしく、時間もかかり、ひとつひとつて塗っていくのはとても根気のいる作業です。筆を使うことはできないのかと思いますが、コストの面で厳しいそうです。

表面のつやも皮に含まれる天然の油分を圧力をかけて出します。ほんとうに自然のままなので、直射日光や水に強くはありませんが、使い込むほどにやわらかく手に馴染み、あめ色の輝きが増していきます。

この山羊革製品を作ってくれるチャタジーさんは、バングラデッシュからの難民でした。インドの西ベンガル州に移り住み、そこで山羊革工芸を学んだそうです。

今なお、毎日のようにやってくる難民の人たちにとって、かけがえのない仕事となり、ひとつひとつ作られているこれらの製品には、平和を願うたくさんの人の思いが込められています。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の