山羊革工芸シャンティニケタン

あしたやに山羊皮のバックやお財布がおいてあるのをご存知ですか? どれも個性的な模様、色実ははるばる船でインドから届きます。

インドの山羊革工芸は、平和を願い、さまざまな活動をしたインドの詩人タゴールが、日本で出会った革工芸を自国に持ち帰ったのが始まりと言われています。

シャンティニケタンとは、サンスクリット語で[平和郷]を意味する言葉。今では、その地で始められた山羊革工芸をも指すようになっているそうです。

今回はこれらの製品がどのように作られているかをご紹介します。 まず、マーケットでなめした革を仕入れます。皮をなめす方法には二つあり、植物のしるでなめすタンニンなめしと化学薬品でなめすクロムなめしです。クロムなめしのものは、燃やすと六価クロムという有害物質を発生します。また、皮を手に入れるためだけに山羊が殺されることはありません。

それから、製品の型に合わせて革を裁断し、模様を型押しします。そのあと、布を丸めた小さなものを筆のように使い、色を塗ります。草木染めではこれだけの色はでないので化学染料を使っていますが、有害物質のアゾを含まない染料です。

実際にやってみるとわかるのですが、細かい部分をぬるのはむずかしく、時間もかかり、ひとつひとつて塗っていくのはとても根気のいる作業です。筆を使うことはできないのかと思いますが、コストの面で厳しいそうです。

表面のつやも皮に含まれる天然の油分を圧力をかけて出します。ほんとうに自然のままなので、直射日光や水に強くはありませんが、使い込むほどにやわらかく手に馴染み、あめ色の輝きが増していきます。

この山羊革製品を作ってくれるチャタジーさんは、バングラデッシュからの難民でした。インドの西ベンガル州に移り住み、そこで山羊革工芸を学んだそうです。

今なお、毎日のようにやってくる難民の人たちにとって、かけがえのない仕事となり、ひとつひとつ作られているこれらの製品には、平和を願うたくさんの人の思いが込められています。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が