小長井農園の“勇気”自然栽培みかん

今年も早くも12月となりました。師走となると毎年心忙しくなってしまいますが、皆様は風邪などひかずにお元気でしょうか?

この時期の果物で思い出すのはみかんです。先日、あしたやの関係者で静岡市清水のみかんとお茶の生産者小長井農園を訪問し、二つのみかん畑を見せていただき、「はなぶさ」という品種のみかんを手狩りで仕入れてきました。

このみかんは温州早生と地中海オレンジの交配種ですが、現地で収穫した際には皮ごと食べてしまうほど美味しいものでした!

小長井農園ではみかん栽培にこだわり、園主の小長井清治さんはご自分の農法を「勇気自然栽培法(こだわり)」みかんと名付けています。 安全性にこだわり「まろやかな味」、「さわやかな香り」を出すために本物の美味しさを追求し続けています。

肥料にはキトサン(かに殻粉)、昆布粉末などを魚粕に混ぜ、自家配合肥料を施し、除草剤は30年近く使っていないそうです。化学農薬は全く使用しない無農薬か、または出来るだけ控えての低農薬のものがあります。

生産者の小長井さんご夫婦に実際にお目にかかり、畑を見せていただきながら農法を伺い、お人柄の味わい深さも感じ取りつつ、ぜひあしたや・はらっぱでも昨年に引き続き扱いたい…と意を強くしました。

年末のお忙しい時期、小長井農園のビタミン一杯のこだわりみかんを召し上がってお元気でお過ごしください。

入荷予定

☆低農薬・無化学肥料 はなぶさみかん 12月まで ☆無農薬・無化学肥料 在来系みかん  12月中旬~1月 ☆低農薬・無化学肥料 青島みかん   12月下旬~2月 他にも無農薬ゆず・レモンなどもあります。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

春の柑橘をお楽しみください!

新型コロナ感染症の収束も厳しい状況が続いています。 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 季節も三寒四温の言葉のように春までは行きつ戻りつを繰り返しながら、でも春はもうすぐそこに来ています。 人間世界の様々な困難の中でも、自然は確かにめぐってくれることに改めて感謝の念が起きてきます。 畑にはフキノトウがたくさん出ています。梅の花もほころび始めます。 季節の恵みの果物も「あしたや」と「は