キッチンあしたや

緑豊かな春がきましたね。 「キッチンあしたや」は山形の無農薬米を使ったご飯に、旬の野菜や安心できる材料を使い、日替わりでお弁当やおそうざいを作っています。 これまで「あしたや」ではこだわりの食材を販売してきましたが、「あしたやさんが作ってくれたらいいのに…」とすぐに食べられるものの要望が多くありました。そんな声に応えられる「キッチンあしたや」が少しずつ拡がっています。

4月からは、はらっぱでもお弁当の販売をはじめました。ヘルシーで軽めのお弁当が好評です。

(月)~(木)お弁当 350円 山形の無農薬米(ひとめぼれ)使用 旬の野菜や安心できる材料を使い、すべて手作り! お弁当のメニューは日替わりです。メニュー表希望の方は、お声をかけてください。

ある日のメニュー“三陸かつおめし弁当” ・生姜でさっぱりと焼いた三陸のかつお、あしたや畑の九条ねぎ添え ・四万十産無農薬小松菜と三河屋さんの油揚げの煮びたし ・宇治田農場のたまご、鹿児島黒豚ひき肉、鈴木農園のにんじんのオムレツ ・沖縄奄美諸島産・素焚糖でじっくりたきあげた北海道の黒豆

(火)かき揚げ 200円 三陸水産の桜えびと旬の野菜         油がよいので天丼にしてもおいしいです!

(木)たまコロ 一個100円 多摩の玉のようなコロッケということで“たまコロ”!  鹿児島黒豚のひき肉と、主として北海道じゃがいも・玉ねぎを使用。 おやつ、お土産、お弁当にもおすすめ! 油…あしたやでは非遺伝子組み換えのなたね油を使用しています。 油の状態には特に気を配り、鮮度のよいものを使うよう心がけているので、香りもよく、さくっと仕上がっています。

保存

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言