「作り手」「食べ手」をつなぐ

2014年もたくさんの出来事がありましたが、振り返るとあっという間に感じます。昨年一年間、年末まであしたやに足を運んで下さった皆さま、また遠くから支えてくださる多くの方々に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか。お正月に美味しいものを食べた方も多いのではないでしょうか。

最近では大きなスーパーや飲食店が休みになることもなく、たくさん買いおく必要もないように感じてしまいます。お取り寄せや宅配の利用も多くなっているのでしょう。便利さも感じつつも、休みなく働いている人もいるのだと考えてしまいます。

また、農業や酪農など、生きものと向き合っている方々もお休みはないでしょう。「あしたや」が休みの間でも、鶏は卵を産み、黒豚さんたちも餌を食べ大きくなっていることを忘れてはならないを思っています。

私たちはこれまでハンディをもつ人ももたない人も“地域で共に生き、共に働く”という理念で活動してきました。さまざまな課題にぶつかり、かんたんではないことを痛感しながらも、皆で力を出し合ってきました。

“食べること”“働くこと”はそれぞれに大きなテーマであり、たくさんの課題があります。地域にひらかれた店舗活動を通し、「作り手」「食べ手を」つなぐ役割を担い、また多くの人とつながり、学びながら、これからも自分たちの活動を深めていきます。

店舗活動などで行き届かない点も多くあるかと思いますが、どうぞ厳しくあたたかく、末永くお付き合い下さいますよう改めてよろしくお願いいたします。

 

ゆいまーる生活館のパンについて ゆいまーるさんのパンは、毎週(火)定期で届きます。国産小麦、自家製天然酵母にこだわり、シンプルでおいしくとても好評です。ファンのお客様も多く、定期予約も増えています。

現在注文すべてのパンが焼き上がってから、八王子を出発します。正確な時間のお約束ができないため、お渡しできる時間は16:30~とさせていただくことになりました。ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

関連記事

すべて表示

11月となります。季節は確実に移ろい、清澄な空気は秋の深まりを教えてくれます。 今回は「お米」について考えてみたいと思います。 日本の食料自給率が38%という低さの中で、お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいのです。 ウクライナの問題で大きく取りざたされてきた食料安全保障についても、食料を輸入に頼る日本に住む私たちを直撃している円安での値上げの問題などを考えても、生き

殺菌 除菌 滅菌 無菌…言葉もいろいろあるけれど、私たち生き物とは密接につながっています。 新型コロナ感染症が確認されてから2年半以上が経ちました。次々と変異して生き延びているコロナウイルスですが、除菌、殺菌という言葉が本当に日常的になりました。 私たちの身近に無数にありながら、ウイルスも菌も目には見えない微生物です。微生物とはカビ、酵母、細菌、ウイルスなどの総称です。人間誕生よりずっと前の太古の

今年の夏も本当に厳しい暑さが続きました。涼風が吹いてくる季節が待ち遠しいですね。 年々地球全体の気温が上昇して温暖化を嫌でも実感させられます。それに伴い自然災害も多発しています。大雨や干ばつなど環境の変化は地球上に住むすべての生き物に影響を及ぼしています。 とりわけ農業は気候の変化に大きく左右されます。私たちが生きていくうえで欠かすことのできない農産物が地球温暖化で影響を受けていくことは見過ごせな