「作り手」「食べ手」をつなぐ

2014年もたくさんの出来事がありましたが、振り返るとあっという間に感じます。昨年一年間、年末まであしたやに足を運んで下さった皆さま、また遠くから支えてくださる多くの方々に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか。お正月に美味しいものを食べた方も多いのではないでしょうか。

最近では大きなスーパーや飲食店が休みになることもなく、たくさん買いおく必要もないように感じてしまいます。お取り寄せや宅配の利用も多くなっているのでしょう。便利さも感じつつも、休みなく働いている人もいるのだと考えてしまいます。

また、農業や酪農など、生きものと向き合っている方々もお休みはないでしょう。「あしたや」が休みの間でも、鶏は卵を産み、黒豚さんたちも餌を食べ大きくなっていることを忘れてはならないを思っています。

私たちはこれまでハンディをもつ人ももたない人も“地域で共に生き、共に働く”という理念で活動してきました。さまざまな課題にぶつかり、かんたんではないことを痛感しながらも、皆で力を出し合ってきました。

“食べること”“働くこと”はそれぞれに大きなテーマであり、たくさんの課題があります。地域にひらかれた店舗活動を通し、「作り手」「食べ手を」つなぐ役割を担い、また多くの人とつながり、学びながら、これからも自分たちの活動を深めていきます。

店舗活動などで行き届かない点も多くあるかと思いますが、どうぞ厳しくあたたかく、末永くお付き合い下さいますよう改めてよろしくお願いいたします。

ゆいまーる生活館のパンについて ゆいまーるさんのパンは、毎週(火)定期で届きます。国産小麦、自家製天然酵母にこだわり、シンプルでおいしくとても好評です。ファンのお客様も多く、定期予約も増えています。

現在注文すべてのパンが焼き上がってから、八王子を出発します。正確な時間のお約束ができないため、お渡しできる時間は16:30~とさせていただくことになりました。ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言