「みどり」の掘り出し物

店内の壁ぎっしりに並んだ古本。 中央にはどっしりとした無垢の木の大テーブル。そして、色とりどりの糸と織り機が並ぶ店内。古本と手づくり雑貨の店〈あしたや みどり〉。

昨年「本屋はおもしろい!!」 という雑誌でも取り上げられたことがあるちょっとおもしろいお店です。

地域の住民や支援者の方々から寄せられた本の中には、意外な掘り出し物もあります。道行くひとの目を引き、足を止めてもらえるように、本の入れ替えやレイアウトの工夫をしています。そして、年内には新しい本棚がお目見えします。どうぞお楽しみに。

そして、インテリアかと思われるような様々な色の糸たち。これらを織り手が思い思いに選び、織り上げた布は、スカーフやマット、ペンケースやバッグ等の小物になって、店頭に並びます。 織り物以外にも、皆でアイデアを出し合い、作ったオリジナル小物やフェアトレード雑貨を、月ごとにテーマを決め、中央の大きなテーブルに並べます。 10月は、タイを中心とした素敵な東南アジア雑貨を並べてみます。どんな物があるか、覗きにきてください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が