工房あしたや

世の中に、大量生産された規格品があふれていますが、私たちは、自然素材を生かした手づくり品を大切にしたいと思ってきました。 福祉作業所製品やフェアトレード製品等が、それです。手にとった時、作り手の思いやぬくもりが感じられるものを店に並べてきました。

2012年にオープンした、諏訪商店街にある「古本と手作り雑貨の店 あしたやみどり」の奥に作業スペースができ、ようやく私たちもものづくりに取り組めるようになりました。織物フェルトの小物づくり、生ごみ処理キットのダンボちゃん布カバーづくり、などなど。

1本の糸から、織布ができること、色の選びで服やバッグ、ペンケースなどになること。ひとつかみのフェルト原毛を針でちくちく刺すとだんだん固まってブローチなどの小物が作れること…。ミシンをかけると1枚の布が立体になること…。手を使ってものを作ることは楽しく、喜びと手応えが生まれます。

今はまだまだ熟練とはいきません。数もたくさんは作れません。でも、私たちの作ったものたちが、だれかのくらしの役に立ったり、そばにあることでだれかがちょっと嬉しくて、楽しい気持ちになったりしたら、本当に嬉しいのです。 どうぞ「はらっぱ」、「あしたやみどり」の店頭で、工房あしたやの製品を手にとってみてください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が