工房あしたや

世の中に、大量生産された規格品があふれていますが、私たちは、自然素材を生かした手づくり品を大切にしたいと思ってきました。 福祉作業所製品やフェアトレード製品等が、それです。手にとった時、作り手の思いやぬくもりが感じられるものを店に並べてきました。

2012年にオープンした、諏訪商店街にある「古本と手作り雑貨の店 あしたやみどり」の奥に作業スペースができ、ようやく私たちもものづくりに取り組めるようになりました。織物フェルトの小物づくり、生ごみ処理キットのダンボちゃん布カバーづくり、などなど。

1本の糸から、織布ができること、色の選びで服やバッグ、ペンケースなどになること。ひとつかみのフェルト原毛を針でちくちく刺すとだんだん固まってブローチなどの小物が作れること…。ミシンをかけると1枚の布が立体になること…。手を使ってものを作ることは楽しく、喜びと手応えが生まれます。

今はまだまだ熟練とはいきません。数もたくさんは作れません。でも、私たちの作ったものたちが、だれかのくらしの役に立ったり、そばにあることでだれかがちょっと嬉しくて、楽しい気持ちになったりしたら、本当に嬉しいのです。 どうぞ「はらっぱ」、「あしたやみどり」の店頭で、工房あしたやの製品を手にとってみてください。

最新記事

すべて表示

寧楽共働学舎のベーコンとソーセージ

今月は北海道の大地が育んだ味、寧楽(ねいらく)のベーコンとソーセージをご紹介します。寧楽共働学舎は北海道留萌郡の自然豊かな所にあります。ドイツでソーセージ作りを学んだスタッフと共に、障がいがある無しに関わらず、豚を飼育する所から皆で丁寧に作っています!

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主