レジ袋の有料化について

寒かった冬もあけました。日差しもうららかで明るく春の陽気になりましたが、皆様にはお元気でお過ごしでしょうか…。

今年の1月に「あーす」でもお伝えしましたが、私たちの身の回りにはプラスチック製品が溢れています。軽くて便利なため、あしたやの店内を見回してみても、プラスチックの容器など数多く使われています。

自然に分解されないプラスチック製品が川から海洋へ流れこみ、マイクロプラスチックとなり、漂流することで海の生物、ひいては私たち自身にとっても深刻な状況になることが警告されています。その状況を変えていくための一歩として、私たち自身が出来ることをしていくことが喫緊の課題です。

環境省も使い捨てプラスチックの削減に向けて対策を進めています。レジ袋についても2020年度以降に有料化を義務化する方針です。現在、国内では年450億枚もの使い捨てレジ袋が使われています。この膨大な数を各店舗でいかに抑制していくかが、これからの地球環境にとっての第一歩になります。

まだまだ不十分でありますが、「あしたや」「はらっぱ」「あしたや みどり」ではこの4月から、具体的に取り組んでいきます。今後はお買い物をされるお客さまに、以下のお願いをいたします。

4月1日からの実施となりますので、どうぞご協力をよろしくお願いします。

 

あしたやからのお願い

◆お買い物の際にはぜひマイバッグをご持参ください。

 あしたやでもエコバッグの販売をする予定です。

◆新しいレジ袋は1枚5円の有料とさせていただきます。

 水漏れなどが心配される商品には薄いビニールの小袋を用意しますので必要な方はお声かけください。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。 揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。 油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類が