油の使い分け

油の種類にはいろいろありますが、みなさまの家庭ではどのように使い分けていますでしょうか。

揚げ物、炒め物、サラダ、香りづけなど、台所にあって日々出番の多い油でもあります。最近ではカロリーの高さや片付けの大変さから、使うのを控える家庭も多いようです。が、油脂類は体内の中で様々な働きをして、人の健康維持にかかせないものでもあります。


油の主成分には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二種類があります。


●飽和脂肪酸はエネルギーとして使われやすく、一般的には常温で固形のもの、例えば乳製品、肉などの動物性脂肪などに多く含まれています。摂りすぎると健康面でデメリットもあるようですが、おいしさもあり、またエネルギーになりやすいので一概には言えません。種類としてはバター、マーガリン、ラードなどです。


●不飽和脂肪酸は植物や魚の油に多く含まれていて、常温では固まりにくい油です。オレイン酸、リノール酸など血中の中性脂肪やコレステロール値を調整する働きがあるので、最近では健康志向の中で話題にもなり、使われることも多いようです。種類としてはサラダ油各種、オリーブ油、ごま油、こめ油、えごま油などです。


料理の用途に合わせて使い分けるのが良いのですが、揚げ物などにお勧めなのが、こめ油です。酸化に強く癖がなく、天ぷら、フライがサクッとカラッと揚がります。あしたやでも国産の米ぬか使用の商品があります。

また、菜種油は風味がよく色づきもきれいです。三河屋さんの油揚げもこの油で、美しい黄金色です。サラダにはスペイン産のオーガニックオリーブ油があります。


ぜひ、あしたやの油の棚を見て、日々の油使いを楽しんでください。

毎日の食生活の積み重ねが皆さまの健康につながることを願っています……。

最新記事

すべて表示

先月号の「あーす」では日本の食料自給率や世界とのつながりについて書きました。 日本の自給率の低さ37%はなかなか改善される見通しはありません。 生きる上で欠かせない食べ物ですが、これからの世界的な気候変動による食糧危機なども懸念されている中で私たちに出来ることはあるのでしょうか。 最近、食品ロスの話題も多く報道されるようになりました。テレビの映像などで“もったいない!”と思われるニュースを目にする

新型コロナウイルスの蔓延もまだ続いているさなかに、世界で起きている思いもかけない厳しい状況を日々見せつけられています。 ウクライナの国旗は鮮やかな青と黄色です。ヨーロッパの穀倉地帯といわれる国らしく、青は青空、黄色は麦畑の色を表しているそうです。 世界で小麦の生産量1位はロシア、ウクライナは4位を占めています。遠い国のことのようですが、私たちの暮らしにもつながりは確実にあるのです。 最近は暮らしに

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言