旬のくだもの 山下フルーツ農園

今年は本当に雨の多い夏でしたね。このまま秋になってしまうのでしょうか…この長雨が今後の農産物にどんな影響がでるのか、気がかりなところです。

あしたやでは、毎年この時期になるとおいしいくだものが店頭に並びます。その多くは、長野県:山下フルーツ農園から届きます。

山下フルーツ農園は、長野県飯綱町にあります。農薬に頼らず、土づくりを大切にしながら、見た目よりも中身で勝負!とおいしいくだものを作っています。主に栽培しているのはりんごですが、その他にもブルーベリー、プラム、プルーン、白桃、黄桃とたくさんの果物を育てています。

昨年は例年より早かったのですが、逆に今年は例年より10日ぐらい遅くなっています。プラムやプルーンは雨が多かったため、水分過多で実割れしてしまったそうです。固い黄桃「ワッサー」は今季は終わりになりました。お盆の頃に収穫のピークがきたそうで、残念ですが、また来年を楽しみにしましょう。

今年は8月後半にりんご「夏明」が届きました。早生の新品種ということでまだ数も少ないけれど、この時期みずみずしいりんごは嬉しいですね。

自然と向き合いながら、たべものを作っている生産者の大変さにも想いを馳せながら、感謝しておいしくいただきたいです。

今後の入荷予定

9月― 白桃(川中島) プルーン 

            りんご(つがる・さんさ・シナノドルチェ)

10月― りんご(千秋・秋映・紅玉・シナノスイートなど)

山下フルーツ農園では、都会にすむ方々に農村の暮らしや農業を知ってもらう機会を作りたいという思いで、農家民宿「土蔵ファームイン へんぺさんち」やカフェ「傳の丞(でんのじょう)」を運営しています。訪ねるのはもちろん、近くに行く機会がありましたらぜひ寄ってみてください。

最新記事

すべて表示

新品種も続々、色んなりんご届きます!

夏休みもなんだか静かに終わり、あっという間に9月になってしまう気がします。 マスクの夏も2年目……まだまだ暑い日も続き、熱中症に気をつけるのはもちろんですが、涼しくなるころもいろんな疲れが出やすいと言われています。体調を崩さないよう気をつけたいところですね。 この季節は旬のくだものが楽しみです。夏から始まり、来春まで長い期間届くフルーツの多くは、長野県三水の「山下フルーツ農園」から届いています。主

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

春の柑橘をお楽しみください!

新型コロナ感染症の収束も厳しい状況が続いています。 皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 季節も三寒四温の言葉のように春までは行きつ戻りつを繰り返しながら、でも春はもうすぐそこに来ています。 人間世界の様々な困難の中でも、自然は確かにめぐってくれることに改めて感謝の念が起きてきます。 畑にはフキノトウがたくさん出ています。梅の花もほころび始めます。 季節の恵みの果物も「あしたや」と「は