旬のくだもの 山下フルーツ農園

今年は本当に雨の多い夏でしたね。このまま秋になってしまうのでしょうか…この長雨が今後の農産物にどんな影響がでるのか、気がかりなところです。

あしたやでは、毎年この時期になるとおいしいくだものが店頭に並びます。その多くは、長野県:山下フルーツ農園から届きます。

山下フルーツ農園は、長野県飯綱町にあります。農薬に頼らず、土づくりを大切にしながら、見た目よりも中身で勝負!とおいしいくだものを作っています。主に栽培しているのはりんごですが、その他にもブルーベリー、プラム、プルーン、白桃、黄桃とたくさんの果物を育てています。

昨年は例年より早かったのですが、逆に今年は例年より10日ぐらい遅くなっています。プラムやプルーンは雨が多かったため、水分過多で実割れしてしまったそうです。固い黄桃「ワッサー」は今季は終わりになりました。お盆の頃に収穫のピークがきたそうで、残念ですが、また来年を楽しみにしましょう。

今年は8月後半にりんご「夏明」が届きました。早生の新品種ということでまだ数も少ないけれど、この時期みずみずしいりんごは嬉しいですね。

自然と向き合いながら、たべものを作っている生産者の大変さにも想いを馳せながら、感謝しておいしくいただきたいです。

 

今後の入荷予定

9月― 白桃(川中島) プルーン 

            りんご(つがる・さんさ・シナノドルチェ)

10月― りんご(千秋・秋映・紅玉・シナノスイートなど)

山下フルーツ農園では、都会にすむ方々に農村の暮らしや農業を知ってもらう機会を作りたいという思いで、農家民宿「土蔵ファームイン へんぺさんち」やカフェ「傳の丞(でんのじょう)」を運営しています。訪ねるのはもちろん、近くに行く機会がありましたらぜひ寄ってみてください。

関連記事

すべて表示

早くも今年最後の月となります。 新型コロナ感染症やインフルエンザの拡大も懸念される年末を迎えますが、皆さまにはどのような1年でしたでしょうか。不安や心配なことが多い日々ですが、このような時期こそ心身の健康を保つために基本的な暮らしを大切にする必要性があるのでしょう。 ひと昔前のように家族そろって新しい年の準備をすることは少なくなったと思いますが、新年を迎えることはちょっと気持ちが改まる気もしますね

梅雨の季節が明けると、初夏、そして夏本番の暑さがやって来ます。しばらく前の日本の季節の移り変わりはもう少し分かりやすかった、という印象がありました。が、最近では早くから夏日の気温になったり、梅雨のしとしと降る雨も豪雨のような日もあって、これも地球温暖化の影響かと思わされます。 あしたや共働企画がベルブ永山の中の「はらっぱ」の運営を始めたのは今から25年も前のことです。その頃は今とは運営スタイルも違

今年も早くも2月となりました。 2月3日は節分です。立春の前日、冬と春の変わり目が節分です。最近では豆まきをする家庭も減っているかもしれませんが、古来から邪気を払うと言われているので、今の時代にあっては改めて豆まきをして邪気を払いたい気分にもなりますね。 大豆は「畑の肉」とも言われ、体に必要なたんぱく質、脂質をたくさん含んだ栄養食品です。日本では弥生時代から栽培されて、様々な食品や調味料にも加工さ