年末のごあいさつ2018

新しい年を迎えます。

2018年、皆様にはどのような年でしたでしょうか。


2018年を表す漢字は「災」でした。気候の変動によるものか、日本列島は台風、水害、猛暑など思い出しても大変な年でした。新しい年は「災」がない年となることを願っています。


あしたや共働企画が多摩の地で「共に働く」活動を始めて20年以上が経ちます。この間、多くの方々に支えられてきたことを改めて感謝しています。

「はらっぱ」からスタートし、「あしたや」、「あしたやみどり」まで、多くの課題がありながらも“人と共に 自然と共に”を基本に、作り手の思いに自分たちの思いを重ねる努力をしてきました。そのことを忘れずに新たな年を迎えたいと心しています。


あしたやではその理念に沿って、出来るだけ環境に負荷を与えないものを選びたいと思ってきました。が、店内を見回してもプラスチック類が多く使われています。ペットボトル、包装容器、そしてレジ袋。軽くて強い上に腐ったり錆びたりせずに、安く大量生産が出来るので、いつの間にか身の回りに溢れてきました。

プラスチックは分解しないので循環しません。ごみとしても問題ですし、マイクロプラスチックとして海洋を漂い、海の生物たちへの影響、ひいては私たちにとっても深刻な事態となることがニュースでも取り上げられています。


あしたやとしてもこの問題にきちんと取り組まなくてはならない、と考えています。現実問題として店内のプラスチックを一掃することは出来ません。かといって、何もしないでいるわけにはいきません。

お客さまとの共通の問題意識として「マイバッグ」持参をお願いするなど、レジ袋削減については私たちが出来る第一歩でもあると考えています。


2019年、“人と共に 自然と共に”、そして皆様と共に出来ることを少しでも進めていけるような年にしていきます。新しい年も変わらずよろしくお願いします。

年末年始休業

「あしたや」「あしたや みどり」 12/30(日)~1/6(日)

「はらっぱ」 12/29(土)~1/4(金)


最新記事

すべて表示

北海道士別イナゾーファームの赤く輝く中玉トマト

毎年、その季節になると入荷を心待ちにする農産品があります。 北海道士別で栽培されているイナゾーファームの中玉トマトもそのような商品です。 イナゾーファームとあしたやのつながりは、私たちらしい出会いの中で始まりました。 今から9年前に、北海道士別市多寄町の若き農業者、谷寿彰さんと引き合わせて下さった農家の方がいました。あしたやの長年のお客さまだと記憶にあるかもしれませんが、当時、美味しいカボチャと小

「発酵」ってどんなこと?

今の時代は体に良いことが特に大切にされますね。 昔からの知恵で発酵させた食品は日本だけでなく世界各地にあります。 明確な起源は定かではないようですが、発酵食品が生まれたのは、歴史上、食品を保存するためからだったともいわれています。 発酵とは「微生物の生命活動」のことです。微生物はでんぷん質やたんぱく質を餌として分解していきます。その中で人間が食べられるものを「発酵」とよび、そうでないものを腐敗と言